☆マリンバコンサート in プラネタリウム天歩☆

マリンバは南米出身の大きな木琴。
きっとどこかでその豊かな音色を耳にしたことがあるはずです。

今回は、全国の歴史ある素敵な建物でコンサートを開き、活躍中の
マリンバ演奏家・奥平哲也さんが、飯田に木の響きを届けるため、
100kgのマリンバをかついでびはくへやって来ます。



曲目は、古謡さくら、キラキラ星、星に願いを、など。オリジナル曲もあるようです。
ドームいっぱいに広がる風景や星空のもとで、木のメロディーに耳をすましてみませんか?

くわしくは、トップページの「講座・イベント」欄をご覧ください。
2014.06.14 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

第9回美博まつりボランティアの募集をはじめました

夏の恒例行事となった美博まつりでは、職員や学芸員実習の学生さんを含めて二日間でのべ100人ほどのスタッフが汗を流します。

スタッフの大半はボランティアのみなさん。
この方々なしではまつりは成り立ちません。

この美博まつりのボランティアに興味のある方は、チラシ兼申込書をご覧ください。
トップページ「お知らせ」欄からダウンロードできます。


昨年の美博まつりのようす(ワークショップ「石に描いて変身」)

ただし、申し訳ありませんが、飯田上下伊那にお住まいの方に限ります。
なにしろ交通費が出ませんので…



 
2014.06.12 Thursday | お知らせtrackbacks(0)

「第9回美博まつり」を開催します

8月2、3日の両日、「美博まつり」を開催します。
詳細は追って広報するつもりですが、とりあえず第一報です。
トップページの情報もご覧ください。


↑昨年の美博まつりのようす

お手伝いに来ていただくボランティアもあわせて募集します。
こちらも追って募集要項を出す予定です。

まつりは今年で9回目ですが、最近は参加者が2000人を超えるようになりました。
大都会とちがって、ここ下伊那の地で2000人もの人々が集まると結構な騒ぎです。
そりゃあ、お祭りですからね、少しはにぎやかにならないと。

これから、少しずつまつり関連の情報を流していきます。

今後の情報に乞うご期待!!
2014.06.06 Friday | お知らせtrackbacks(0)

美博の庭は新緑の季節 その2

先日の雨で、土も緑もしっとりと水気を含んで、空気の中の春成分が濃くなったようです。

先日に引き続き美博の庭の様子を写真で紹介しましょう。


エノキの若葉


ヤマブキは花盛りです。


トゲのせいか、最近ではあまり植えられることがなくなったカラタチ。
「からたち野道」という唄もありましたね。



エゴノキの白い花はまだもう少し先。

2014.04.23 Wednesday | 今日の美博trackbacks(0)

美博の庭は新緑の季節

サクラの見物で賑わった美博の庭も、葉桜になった今はすっかり、静寂を取り戻しています。


サクラは終わりましたが、この時期、季節の移ろいは一日たりとてとどまることはありません。
新緑が濃くなってきた美博の庭の様子を少し紹介しましょう。



コケの上に落ちたミツバツツジの花弁。





ケヤキは柔らかい新葉をのばし始めました。



カエデの若葉は鮮やかな赤。
入り口付近にあるカエデは赤と朱色の二色の若葉で彩られています。



建物の裏のほうでは、ボケの花が咲きました。


そのほかにも、ヤマブキ、シロバナノヤマブキ、カラタチなどの花が、慎ましやかに咲きはじめました。
美術博物館へこられたときは、ぜひそんな花たちにも気がついてあげてくださいね。

2014.04.20 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)

海棠(カイドウ)が見頃です

去る13日のブログでも紹介した日夏耿之介記念館脇の海棠の花



今年も見事に咲いてくれました。

唐の玄宗皇帝は、酔いの醒めきらない楊貴妃のなまめかしい姿を海棠の花に見立てました。
つまり海棠は美人のたとえ


自宅の前で海棠を眺める日夏耿之介。昭和40年代頃?

日夏耿之介は『唐山感情集』(弥生書房、1959年)という訳詩集を出していますが、
そのなかに「二十四女花品」という清の作家の漢詩があります。
これは24種の花を女性に見立てた詩ですが、そこにも楊貴妃を題材にした「海棠」が登場します。

さあ、ちょっとしたウンチクを仕入れたところで、海棠の花咲く日夏耿之介記念館へどうぞ
2014.04.19 Saturday | 今日の美博trackbacks(0)

日夏耿之介記念館に咲くカイドウの花

美術博物館本館から少し離れた場所に、日夏耿之介記念館という別館があります。
その記念館の入口の脇で、ひっそりとたたずむカイドウ(海棠)の木


↑写真は2012年4月27日の日付になってました。


平日の出勤時には必ずその木の前を通っているはずなのですが、普段はあまり目立たないので、
なんとなく通り過ぎてしまいます。

でも、桜が散り始める頃になると、桜よりも少し濃厚なピンクのかわいらしい花を咲かせてくれます。
和風の日夏記念館にとてもよく似合っていると思います。


昭和40年5月、日夏耿之介とカイドウの木。貴重な写真です。


平成26年、ほぼ同じアングルで撮った(つもり。でもぜんぜん違うなあ…)

だからここ数日は、いつ花が咲くのか観察しながら出勤しています。
最近のささやかな楽しみです。
ほかに楽しみが無いもので…

近頃は木の傷みひどく、痛々しい姿ですが、たぶん今年もきれいな花を咲かせてくれることでしょう。

今年はまだつぼみ。
 
2014.04.13 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)

桜の下でお茶を一服

今朝の飯田は、まさかの雪でした

でも、今日も朝から桜の周りがにぎわっております

お菓子はすでに胃袋へ
大日本茶道学会飯田地区峯和会の皆さんによる野点が行われています(11:30頃の状況)。

お茶席と桜と市長(後姿)

↑ご多忙のなか、市長さん(写真は後姿ですが…)も駆けつけてくださいました。

AM11:30頃のようす
↑お菓子はすでに胃袋の中。

結構なお手前でございました。
 
2014.04.06 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

安富桜満開!

美術博物館の庭には、長野県の天然記念物に指定されているエドヒガンの巨木があります。
通称 安富桜 といいます。


推定樹齢450年といわれており、苔むした幹の風格は見事です。




今年は3月31日に開花したのですが、昨日までの暖かい陽気で、一気に満開になりました。
西日を受けて深いピンクに染まる夕刻は、花が一段と美しく見える時間。





4/5・6、8・9の4日間は、夜9時まで開館しております。
夜桜見物ついでに、ぜひ館内もご覧ください。
外では天文観察会も開催しますよ!(曇天雨天時は中止)

2014.04.05 Saturday | 今日の美博trackbacks(0)

桜咲く美術博物館と飯田上飯田の文化財展

気がつけば、もう4月


桜はもうすぐ見頃

特別陳列「飯田上飯田の文化財-丘の上の魅力再発見-」(4/1〜5/6)という展覧会がはじまりました。



ほんとうは準備のようすをブログにUPするつもりだったのですが、気がついたら展示が始まってしまいました…

お花見の折にはこちらの展覧会にもお立ち寄りください。
今週末にはおおぜいの花見客でにぎわうんでしょうね、館内もにぎわってほしいものです。
2014.04.02 Wednesday | 今日の美博trackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode