見学会を開催します

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

展覧会2日目。

今朝は寒かったですね。
11月からこんなに寒くて展覧会の客足に影響しないだろうか、と少し心配に。

今日はお隣の浜松から団体さんご案内。
熱心な方々ばかりでいろいろ勉強させていただきました。

さて、突然ですが、見学会を開催することになりました。
テーマは「神仏習合の故地を訪ねて」。
ちょっとおカタいテーマかもしれませんが、地元の歴史がたのしく学べる場にしたいと思います。


↑こんなところとか、



↑こんなところを回ります。

申込み方法など、詳細はこちらをご覧ください

http://www.iida-museum.org/cgi-bin/c-board/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=81;id=eveco#81

2013.11.12 Tuesday | イベントレポートtrackbacks(0)

ついに展覧会スタート!

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

ついに、恐れていた…もとい、待ちに待った展覧会がはじまってしまいました。

開館前に最終チェックを済ませ、さて、行列対策をどうしようか

などという心配は
残念ながら杞憂に終わり、
しかもあいにくの天気。
午前中の館内は閑散とした状況…。





でも、午後からはチラホラとお客さんが入り始めました。

どちらかというと、ロケットスタートして途中で失速するよりも、
スローなペースでだんだん観覧者数が伸びていく方が気分がいいので、
この展覧会もそうなるよう期待しております。

瞬発力よりも持続力


静かな展覧会の初日でした。

で、今晩は職員向けに展示解説をします。

2013.11.10 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

いよいよ明日から

 

明日から始まる展覧会。
準備は今晩何時までかかるんだろうか?

特別展「伊那谷の日本画 −春草没後の求道者たち−」 
会期:平成25年10月5日(土)〜11月4日(月)
2013.10.04 Friday | イベントレポートtrackbacks(0)

満員御礼



長野県立歴史館と共同で開催した「信濃の歴史講座」。
今回のテーマは「善光寺信仰」でした。
会場が狭かったせいでもあるのですが、おかげさまで満員御礼でした。

寒い中お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました。

 
2013.02.24 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

菱田春草没後百年記念特別展 開幕講演会

本日、菱田春草没後百年記念特別展「春草晩年の探求ー日本美術院と装飾日ー」が開幕しました。

その開幕記念講演として、当館館長の滝沢具幸より、「技法と表現からみる春草の装飾美」と

いう題目で講演を行いました。




当館館長は日本画家であり、同じ日本画家の春草の技法、表現、装飾美につい解説しました。

春草の色彩は伊那谷の色であり、春草の感性が色にでているようです。

菱田春草のすばらしい作品を一度見てみてはいかがですか?

ぜひ、この機会に飯田市美術博物館におこしください。


菱田春草没後百年記念特別展「春草晩年の探求ー日本美術院と装飾日ー」
会期:2011年9月3日(土)〜10月2日(日)
菱田春草の没後百年を記念する展覧会。春草の晩年の画風に焦点をあて、彼と日本美術院の作家たちによる名品を一堂に会します。
詳細は⇒こちらから

また当館館長の武蔵野美術大学教授退任記念展が開催されます。
「滝沢具幸 地の譜」
会期:2011年9月5日(月)〜10月8日(土)
会場:武蔵野美術大学 美術館展示室
詳細は⇒こちらから

2011.09.03 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)

企画展記念講演会「天体衝突と生命進化」

 現在、飯田市美術博物館では、企画展小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展を開催しておりますが、その記念講演会として、今日は国立天文台の渡辺潤一さんをお招きして、「天体衝突と生命進化」という題目で講演をしていただきました。

飯田市美術博物館の講堂は、120名を超えるほどの聴講者で埋め尽くされました。


渡辺潤一 隕石 天体衝突

天文学者:渡部潤一さんのプロフィール


肩書:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台天文情報センター広報室長、教授、総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻教授


1960年 福島県会津若松市生まれ
1983年 東京大学理学部天文学科卒
1987年 東京大学東京天文台助手
1988年 東京大学にて学位取得(理学博士)
       国立天文台・光学赤外線天文学研究系・助手
1992年 総合研究大学院大学・数物科学研究科助手併任
1994年 国立天文台広報普及室長を兼務(2003年まで)
1998年 国立天文台天文情報公開センター助教授
2005年 国立天文台天文情報センター広報室長
2006年 国立天文台天文情報センター長
2008年 同アーカイブ室長(兼務)
2010年 同 広報室長
2010年 同 教授、 現在に至る

研究内容:
太陽系の中の小さな天体(彗星、小惑星、流星など)の観測的研究。
特に彗星を中心に太陽系構造の進化に迫る。天文学の広報普及活動にも尽力。


2006年、国際天文学連の「惑星の定義委員会」委員となり、冥王星の惑星からの除外を決定した最終メンバーの1人となった。


テレビ等メディアへの出演や一般向けの著作も多く、日本の天文学者の中では最も有名な1人といえる方です。本を読んだことがある人やテレビで見て知っている方も多かったのではないでしょうか?


一見、難しそうな話ですが、海外のコマーシャルを紹介したり、おもしろいエピソードを織り交ぜて話して下さいました。
天文学にとっての「ついこの間の」「つい最近の」は、何百年何万年なんですね。

こういうスケールの大きいお話を聞くと、元気になりますね。

小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展は、8月28日まで開催しています。

プラネタリウム投影中のHAYABUSAも併せてお楽しみいただけると思います。
暑い日は、飯田市美術博物館でスケールの大きな展示と美しいデジタル映像で心身ともにリフレッシュして下さい。

プラネタリウム投影案内は、こちら










2011.06.26 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

上映解説会「三六災害の映像をみる」

 今日は、特別陳列「三六災害50年−伊那谷を襲った大水害を振りかえる−」の付属事業である上映解説会が午後1時半より飯田市美術博物館の2階講堂にて開催されました。




上映した映像は以下の通りです。

1.「三六災害から50年 よみがえった伊那谷〜そして今」

企画:信州大学名誉教授 北澤秋司
    社団法人 中部建設協会
制作:信越放送株式会社
制作年:平成23年6月



2.「伊那谷の大水害〜昭和36年6月 梅雨前線大豪雨記録〜」

撮影・編集:長沼計司(信映プロダクション)


3.「水害地を行く〜三六災害の記録〜」

撮影者:不明
原版:飯田市立中央図書館蔵
編集:飯田市美術博物館



飯田市美術博物館学芸員の桜井弘人による上映作品の解説の後、同じく学芸員の村松武が「三六災害を自然現象として捉える」という題で、地質学的に見た伊那谷の地盤の特徴や土砂災害がなぜ起こったのかを説明しました。
このあたりは風化した花崗岩が多く、土砂崩れが起きやすい地形であることがわかりました。
なぜこの地域で大水害が起こったかがわかれば、今後の災害対策にも役立ちます。
雨や地震など自然災害はいつやってくるかわかりません。
地質学的、地形学的に分析して防げる災害は防いで、悲劇を繰り返すことのないよう願ってやみません。


さて、三六災害に関連した今後のイベントの予定です。



◆7月2日(土) 午後1時30分〜3時30分


    
上映解説会「三六災害の映像をみる」 

     
     講  師:松島 信幸 氏(当館顧問・理学博士)
   
     場  所:飯田市美術博物館 2階講堂

 

◆7月3日(日) 午後1時30分〜3時30分 

   講演会「三六災害の実態とその教訓」
             
〜私たちはこの大災害から何を学ぶか〜

    
    
講  師:松島 信幸 氏(当館顧問・理学博士)
   
    場  所:飯田市美術博物館 2階講堂

 

   
本特別陳列は観覧料をいただいておりますが、その一部は、東日本大震災の義援金に寄付させていただきます。




     

2011.06.25 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)

三六災害−伊那谷を襲った大水害をふり返る−



飯田にお住まいの方ならご存知だと思いますが、三六災害って聞いたことありますか?

三六災害とは、1961(昭和36)年に伊那谷など県内で犠牲者136人が出た集中豪雨災害のこと。
昭和36年に起こったことから、三六災害と名づけられました。
昭和
36(1961)624日から710日に伊那谷を襲った梅雨前線豪雨は、
特に長野県南部の伊那谷など天竜川流域に、氾濫や土砂災害による甚大な被害を与えました。
三六災害から本年はちょうど50年目にあたります。

6月14日(火)から始まった特別陳列三六災害50年−伊那谷を襲った大水害をふり返る−」では、写真と映像を中心にしてこの災害を紹介し、あわせて当地方の災害史をふり返ります。
(7月3日まで開催)


主な展示は以下のとおりです。


1)写真パネル展示

・大鹿村大河原、大西山の崩落
・松川町生田の山地崩壊と天龍川支流の氾濫
・伊賀良、南沢、滝ノ沢の氾濫
・天龍川と支流大島川岸の氾濫
・王竜寺川、松洞川の氾濫
・野底川の氾濫
・松尾における天龍川の氾濫
・川路、龍江における天龍川の氾濫


写真に見入る方たちの想いはそれぞれ・・・・


2)三六災害を扱った書籍、資料

・36年6月梅雨前線集中豪雨災害記録(長野県下伊那地方事務所)
・災害を越えて一ヵ年(飯田市役所)
・災害復旧の手引き−災害関係国庫負担法の解説−
・川路村水防史(川路村水害予防組合)
・昭和36年伊那谷大水害の気象(奥田穣)
・天竜川の災害年表(笹本正治)
・濁流の子−伊那谷災害の記録
・飯田大火から40年−火と水の災禍を越えて
・語り継ぐ災害の記録(伊那谷災害記念特集号)
・復興の記録
・想いおこす三六災害
・水難の里に生きる
・伊那谷の土石流と満水」

など






「伊那谷の土石流と満水」は、飯田市美術館で販売しております。

詳細はコチラ



3)三六災害を報道する新聞記事




4)伊那谷の災害史年表

5)三六災害の記録映像

三六災害の貴重な映像を上映しています。ご自由にご覧ください。(無声です。)

映像1 「伊那谷の大災害 〜昭和36年 梅雨前線大豪雨記録〜」 

         
         ■
上映時間:約12分 

         
■撮影・編集 長沼計司さん他

 

映像2 「水害地をゆく 〜36災害の記録〜」

         
         ■上映時間:約20分

         ■原版 飯田市立中央図書館蔵

         ■編集 飯田市美術博物館

 


本特別陳列にあわせて、下記の事業を開催いたします。ぜひとも、ご参加ください。
※いずれも聴講無料、申し込み不要です。


上映・解説会

   
 
   
    ◆6月24日(金) 午後7時〜9時

    
    
パスポート会員向け「上映・展示解説会


     びはく年間パスポート会員向け特別映写・解説会です。 (会員無料、申込み不要)
   
     びはく年間パスポートの詳細については
コチラ  

     案  内:村松 武(当館学芸員)
  
     場  所:飯田市美術博物館 2階講堂

  

   ◆6月25日(土) 午後1時30分〜3時30分 
   
  
 上映解説会「三六災害の映像をみる」

    
     映像は「三六災害から50年 よみがえった伊那谷〜そして今」(企画:中部建設協会)
     

    「災害地をゆく」(飯田市中央図書館蔵フィルム)を予定しています。
 
     簡単な解説を加えます。

     
     講  師:村松 武(当館学芸員)
   
     場  所:飯田市美術博物館 2階講堂

 

   ◆7月2日(土) 午後1時30分〜3時30分

   上映解説会「三六災害の映像をみる」 

     
     講  師:松島 信幸 氏(当館顧問・理学博士)
   
     場  所:飯田市美術博物館 2階講堂

 

講演会

   
◆7月3日(日) 午後1時30分〜3時30分

   講演会「三六災害の実態とその教訓」
                     
〜私たちはこの大災害から何を学ぶか〜

    講  師:松島 信幸 氏(当館顧問・理学博士)
   
    場  所:飯田市美術博物館 2階講堂




お孫さんに当時の様子を説明されている方も少なくありません。
写真を見ながらのお話は、深くお孫さんの心に刻まれることでしょう。





本特別陳列は観覧料をいただいておりますが、その一部は、東日本大震災の義援金に寄付させていただきます。






2011.06.19 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

「小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展」開催

     隕石 クレーター 長野県飯田市
                     ↑クリックすると大きくなります

6月18日(土)から、「小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展を開催しています。

国内唯一の隕石クレーターが飯田市にあったとは!
御池山クレーターは、飯田市美術博物館の専門研究員坂本正夫氏を中心に25年以上にわたって研究が進められ、その間国内外の学会に発表されました。
平成22年には、国際学会誌の「隕石と惑星の科学」に論文が掲載され、国際的な隕石クレーターとして公表されました。

小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展」では、御池山隕石クレーターを発想した時から、調査・研究して結論を出していくまでの様子や、隕石クレーターとはどのようなものか、世界のクレーターや隕石とともに紹介しています。



さて、
今日はその初日で、大勢の方が観に来てくれました。

入り口では、日本のロケット(H−僑繊砲量老燭出迎えてくれます。






人気だったのが、この「鉄隕石を手で持ってみよう!」のコーナー。
なんと本物の隕石を触ることができるのです。(一生のうち一度あるかないかの貴重な体験?

普通の石とどう違うのでしょう??
実際に持ち上げてみて感じてください。


このほかにも小惑星が地球にぶつかる瞬間の模型や、隕石クレーターの調査に使った道具も展示しています。









また、会場を出てすぐのロビーでは、クレーター関連の展示もありますのでお見逃しなく。

《クレーター関連のロビー展》

◆隕石の顕微鏡写真

隕石を電子顕微鏡で見てみると、宝石を散りばめたような美しさです。

◆しらびそ高原で空中撮影するバルーンカメラの紹介             
               

◆宇宙塵(うちゅうじん)、スフェルールの電子顕微鏡写真
             
宇宙塵(うちゅうじん)とは宇宙の塵が地球に落ちてきたものです。
大気圏突入の際に大気との摩擦による熱で溶融して球状になっている宇宙塵はスフェルールと呼ばれます。




《企画展記念講演会》
 
 
「天体衝突と生命進化」


中高生から一般の方にわかる内容で、小惑星が地球に衝突することで生命が進化してきた様子を講演します。 
(聴講無料、申込み不要)  

  
  講  師:渡部 潤一さん(国立天文台)
  日  時:6月26日(日)午後1時30分〜3時
  場  所:飯田市美術博物館 2階講堂






そして、夏休みには、こんな企画も。

★隕石レプリカ教室 ★

 隕石レプリカを作ってみよう!

  
2011年8月10日(水)〜21日(日)、8月27日(土)・28日(日)
  ※8月15日(月)は休館日です。

  
   時  間:午後1時〜4時(1回にかかる時間約50分)
  場  所:飯田市美術博物館 展示室前のロビー
  参加費:200円



御池山の隕石クレーターのことがよくわかるガイドブック「御池山隕石クレーターって何だろう?」も販売しています。

たくさんの写真、イラスト入りで、とてもわかりやすい内容です。

A4判 フルカラー 89ページ
2011年3月31日 飯田市美術博物館 発行

定価 1000円  美術博物館にて販売中



<目 次>
・地質調査から発展したクレーター研究
・隕石クレーターの証拠探し
・研究を支援してくれる人々
・御池山クレーターができた環境
・地球をつくる隕石
・しらびそ高原の豊かな自然



この本をまとめた飯田市美術博物館の専門研究員の坂本正夫さんの紹介記事はコチラ




企画展、「小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展は、8月28日まで。

展示をご覧になって、理解を深められ、御池山隕石クレーターが大切な自然遺産として保全されていきますように願っています。

みなさんのお越しをお待ちしております。







2011.06.18 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)

第1回 子ども科学工作教室「3極モーターを作って自動車を走らせよう!」

 今日は、子ども科学工作教室第一回目「3極モーターを作って自動車を走らせよう!」の日。
今回は、いつもより少なめの26人の参加者でした。

自分でモーターを作るという難関技に挑戦!
細かい部品に四苦八苦しながら、頑張って作り上げました。



今回のキットはこれです。





  


  


子ども科学工作教室推進研究会参加企業11社のうち、今回は、三菱電機(株)さん、オムロン飯田(株)さん、日進精機(株)さん、多摩川精機(株)さん、中部電力(株)さん等からボランティアの方達が応援に来てくださいました。

また、飯田工業高校、長姫高校の頼もしいお兄さん達の助けを借りながら、一生懸命に組み立てています。



さて、出来上がったら、お待ちかねの自動車レースです。


うまく走るかな?
  


中にはうまく走らなくて、ちょっと悲しそうな表情の子もいましたが、失敗は成功のもとです。
失敗した悔しい思いは、次の成功に結びつくと思います。

また次回のご参加もお待ちしております!

ボランティアの方々もお疲れ様でした。
そしてまたよろしくお願いします。




ご案内

子ども科学工作教室について

 子ども科学工作教室は、地域工業の発展を担う子どもたちの育成を目的に、1993年から飯田市と伊那テクノバレー地域センターの呼びかけにより始まりました。
 教室は年4回、飯田市美術博物館で開催し、飯伊地域の小学生(4年〜6年)を対象に協力企業のボランティアが指導にあたり、毎回定員を上回るほどの応募があります。
 発足当初からご指導・ご協力いただいている地元企業11社で構成する「子ども科学工作教室推進研究会」は、長年の功績から、2004年11月に「信州日報文化賞」、2005年1月に「飯田市ムトス賞」、同年4月には「文部科学大臣表彰科学技術賞」の理解増進部門で受賞するなど、地道な活動が評価されてきています。

子ども科学工作教室推進研究会参加企業(11社)
・TDK飯田(株)  
・多摩川精機(株)   
・シチズン平和時計(株)  
・KOA(株)
・三菱電機(株)  
・オムロン飯田(株)  
・旭松食品(株)        
・(株)天龍
・日進精機(株)  
・夏目光学(株)    
・中部電力(株)  


《今後の予定》

2011年度も年4回行う予定です。
各回で募集のチラシをお配りします。
小学4・5・6年生のみなさんのご参加をお待ちしています。

第2回 9月3日(土)  ソーラーカーをつくって走らせよう

第3回 11月5日(土) 天体望遠鏡を作ろう

第4回 1月28日(土) ロボットを作ろう


お問い合わせは、飯田市美術博物館 子ども科学工作教室係 電話22−8118まで





2011.06.04 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode