無事オープンできました!

大恐竜展は、昨日(23日)からオープンし、家族連れで賑わっています。
久しぶりに子どもたちの声が聞こえてきました。
今日は、館内を回ったり、駐車場整理に追われそうです。

▼入口正面で出迎えるスピノの全身骨格
入口付近

玄関を入ると、すぐにスピノの全身骨格があいさつしてくれます。
ぐるりと一周できるのはもちろん、胸の下をくぐることもできます。大きな体とともに、爪や足の大きさなどじっくりと観察できます。

まずは、このスピノ全身骨格。ちょうど100年前に発見されたのですが、戦争で標本が失われてしまい、長い間、“謎の巨大恐竜”として詳しいことはよく分かりませんでした。しかし、100年の間に新しい資料が見つかったり、スピノに似た恐竜などが復元されたこともあって、2009年になってやっと全身骨格の復元がなされました。その結果、17mという巨大な恐竜が現れたのです。この復元には当館顧問の長谷川善和先生も関わっています。

昨日は、オープンに合わせ、長谷川先生の講演会がありました。恐竜に関心をもつ子どもから大人まで60人ほどが聴講しました。講演後、子どもの素朴な質問から恐竜を研究したいという高校生や絶滅の原因を問う専門的な質問まで数多く出され、その都度、長谷川先生がていねいに答えていました。

▼長谷川先生の講演会の様子
講演会
2012.06.24 Sunday | お知らせtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode