カタツムリ展スタートまで、あと3日!

寄贈記念企画展「なんでもかんでもカタツムリ! −飯島國昭コレクション−」
会期:2013年6月29日(土)〜9月1日(日)

展覧会チラシ(PDF)のダウンロードはここから↓
http://www.iida-museum.org/user/nature/exhibition/snail/flier.pdf 


カタツムリをデザインしたものって、ネットで検索してみると、ものすごくいろいろあります。
なんで、カタツムリってデザインされるんでしょうね。
ちょっと考えてみました。


カタツムリは「グルグルの殻」「細長い体」「触角の先の目」の、3つのパーツでデザインされます。
この3つの要素さえそろっていたら、だれが描いてもカタツムリに見えるわけです。

色や模様が本物とかけはなれてても、この3要素さえおさえておけば、絵の下手なボクが描いてもカタツムリになるんですね〜。

「共有認識しやすい形」とともに、「ゆったりした雰囲気」「平和的なイメージ」などが、デザインとしてよく用いられる理由なんじゃないでしょうか。


<今日の展示室>
恋矢、設置しました!
自分でいうのもなんですが、なかなかの出来ばえ!!
期待してもいいですよ〜w



今日登場したピンケロナメクジ。
この子も展示室に潜みます!

(四方圭一郎) 

2013.06.26 Wednesday | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode