カタツムリ展スタートまで、あと2日!

寄贈記念企画展「なんでもかんでもカタツムリ! −飯島國昭コレクション−」
会期:2013年6月29日(土)〜9月1日(日)

展覧会チラシ(PDF)のダウンロードはここから↓
http://www.iida-museum.org/user/nature/exhibition/snail/flier.pdf

飯島國昭さんが、半世紀にわたり長野県内のカタツムリたちを調べて来られたことは、以前の記事でも書きました。
調査された場所は長野県内1400ヶ所にのぼります。
それを目で見てみましょう。


 shell searcher by Shigefumi Yano

長野県内全県にわたって調査されていることがよくわかります。
今でこそ高速道路が整備され中山間地の道も良くなりましたが、かつては県南部の飯田市から、県庁のある長野市までは日帰りができないくらい時間がかかりました。
遠山郷や秋山郷など「秘境」と呼ばれた地域もありました。

そんな時代に、飯島さんは50ccのバイクで、泊まりはビニールシートをかぶって野宿しながら全県を調査されたのです。
神社で野宿をしていて幽霊に間違えられたり、森の中で寝ころんでカタツムリを探していて行き倒れに間違えられたりしながらの調査だった、とうかがいました。

そうして集められたのが、1万点もの長野県産貝類標本です。
同じヶ所で複数採れた同じ種は1点としてカウントされていますので、実際の殻の数は数万点あるのではないかと思います。

今回展示するのはそのほんの一部ですが、飯島コレクションの中のものすごく小さいカタツムリの標本を見に来て下さい。
そして、そんな小さな貝たちを1400ヶ所もまわって調査された、飯島さんのバイタリティーをぜひ感じて下さい。


<今日の展示室>


これはなんでしょうか?
飯島さんの研究室から借用してきました。
その名を「万能投影機」といいます。
「万能」のネーミングが時代を感じさせますw

これは小さなものを拡大して映し出す機械で、飯島さんが微小な貝のサイズなどを計測するために買われたものです。
当時、「乗用車が一台買えるくらいの値段がした」とのことでした。

飯島さんはこれを買って車は買わず、
そうして50ccバイクでの調査生活を続けられました。
スゴイ!!

残すところあと一日です。
展示物はだいたい設置できましたが、パネル類とまだ格闘中です。
終わらない夜はまだ続きます!

(四方圭一郎)

2013.06.27 Thursday | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode