ヒダリマキマイマイ

寄贈記念企画展「なんでもかんでもカタツムリ! −飯島國昭コレクション−」
会期:2013年6月29日(土)〜9月1日(日)

展覧会チラシ(PDF)のダウンロードはここから↓
http://www.iida-museum.org/user/nature/exhibition/snail/flier.pdf


カタツムリの殻には、「右巻き」と「左巻き」があります。
以前は右巻き左巻きがどうもうまく認識できず、飯島さんから「これは右巻きだから◯◯」なんて言われても今ひとつピンとこなかたのですが、 ようやく脳みそで考えなくても即断できるくらいになりましたw

先日、イモムシの取材で北アルプス方面に行かれた写真家のYさんが、「お土産〜」ってヒダリマキマイマイを採ってきてくださいました。

黒くてデカイ、カッコいいヒダリマキマイマイ!
山地に棲むものは黒化し、チャイロヒダリマキマイマイと呼ばれることもあるようです。
こんなふうに殻の上から見て、反時計回りに渦巻いているのが左巻きです。

右巻きのマイマイばかり見てきたので、ヒダリマキマイマイはなんだかすごく違和感?存在感?を感じます。


右巻きだと、こんな感じ。

ギュリキマイマイ。
上から見て時計回りに殻が渦巻いてます。

マイマイでは右巻きが主流で、左巻きは少数派です。
カタツムリの右巻き左巻きの決定はDNA上のわずかな塩基配列の違いで生じるそうで、比較的起こりやすい変化だと聞きました。

カタツムリの右巻きから左巻きへの進化については、ヘビとの共進化説が出され興味深いです↓

細将貴「右利きヘビ仮説ー追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化ー」(東海大学出版会)


ヒダリマキマイマイは控え室にいて、まだ展示室にはお目見えしていません。
機会を見て展示してみたいと思っています。

(四方圭一郎)
2013.07.16 Tuesday | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode