「かざこしやま」に五重塔があった?

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 
平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

とってもローカルなネタですが…

↓地元の人たちなら誰でも知ってる「かざこしやま」(風越山)です。



↑美術博物館の屋上から撮った「かざこしやま」。
右下の丸いのはプラネタリウム。
見晴らし抜群の屋上は、個人的にお勧めのスポットです。
今日は秋の風が爽やかでした…



↑江戸時代に描かれた「かざこしやま
かつてここは神仏習合の霊地でした。

どうしてひらがなで「かざこしやま」って書いてるかって?
ふうえつざん」でも「かざごしやま」でもなく、「かざこしやま」だから。
天下の『広辞苑』で「かざごしやま」と記載されていると聞き、早速確認。
さて、どうやったら覆せるだろうか。



ところで、この「かざこしやま」には、むかし五重塔(+三重塔も)があったらしい。
明治の神仏分離で解体されてしまったのか?
でもこの絵図以外には記録もなく、部材など証拠の品もなし。

本当に五重塔があったのか?
はたして真偽やいかに?

2013.10.06 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode