100%ホトケ

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

巷は三連休だったんですねえ…
世間のにぎわいをよそに、今日はせっせとポスター・チラシの発送作業。

ところで、この展覧会では、カミなのかホトケなのか、はっきりと区別できないようなお像にたくさんお出ましいただくことになっております。
いっぽう、これはっからどうみてもホトケさまでしょう、っていうお像にもお出ましいただきます。




↑いわゆる”阿弥陀さま”です
(阿弥陀如来坐像 岡谷市・平福寺蔵 長野県宝)


部分しかお見せしませんが、100%ホトケさまですよねえ。
チラシには全身写ってますけど…
http://www.iida-museum.org/user/human/kami-hotoke.pdf


ホトケの世界には「如来」「菩薩」「明王」「天」と大きく4つのカテゴリーに分けられます。
とくに「如来」はホトケの世界の頂点、ホトケの中のホトケ、なわけです。


この独特なヘアースタイル!
これぞホトケの中のホトケ!って感じ。
リアルにこういう髪型の人がいたら、思わず手を合わせてしまうかも。

実はこのお像、わたくしの処女論文の題材にさせていただいた思い出深いお像であります。
もと諏訪大社下社神宮寺の仏像。

これ以上説明すると今後のブログネタがなくなってしまうので、今回はこの辺で失礼。


↑阿弥陀さまは、諏訪湖にほど近い(そんなに近くないかな?)、岡谷市の平福寺様からお出でいただきます。




2013.10.14 Monday | 今日の美博trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode