弁才天−前衛的なヘアースタイル?

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 
平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)


今日はあいにくの雨で「南信州獅子舞フェスティバル」が中止。
いっぽう2日間続いた民俗芸能学会が無事終了しました(明日は見学会ですが)。

さて、ここ伊那谷は民俗芸能の盛んな土地柄ですが、芸能の神さといえば「弁天さま」。
七福神の紅一点としてもおなじみです。



↑弁天さま、ちょっと不思議なヘアースタイルでは?

いやいや、実はこれ、髪の毛ではありません。
体が白ヘビで頭が人という、奇怪なすがたの「宇賀神」という神さまを頭の上に載っけてるんですね。

髪を盛ってるわけじゃありません。
しかし頭上にとぐろを巻いたヘビを載せるという発想、普通じゃありません。

ヘビの苦手なぼくにとってはほとんど罰ゲーム状態ですが…
でも宇賀神さまは豊穣をもたらす神さま。
弁天さまとのタッグは最強の組み合わせでもあります。



↑しかもときどき優秀な部下が付いてきます。
(場合によってはこの子たちは留守番かも…)

今年はヘビ年
展覧会が終わってお堂にお帰りになったらしっかりお参りしておこうかな。
その頃にはもう年末だなあ。



↑飯島町の西岸寺の弁天堂からやってきます。


(上の写真2点は「弁才天十五童子像」飯島町・西岸寺)

2013.10.20 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode