展覧会の舞台裏−仏像の梱包・輸送作業−

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)




↑この白いカタマリ、なんだかわかります?

じつはこれ、仏像を梱包したところなのです。


↑写真は「平福寺・阿弥陀如来坐像(長野県宝)」

今週から展示物の集荷作業が本格的にスタート。
この三日間は、美術品輸送の専門スタッフの皆さんとともに、長野県内のお寺や神社、博物館などから貴重な所蔵品の借用に奔走します。
この作業は、展覧会準備のヤマ場のひとつでもあります。




↑輸送トラックに同乗。
車内で図録の校正を始めるもはかどらず、しばし伊那の山並みに癒されたりして。



冒頭の仏像のように、お預かりした貴重な所蔵品は、輸送中にこわれないように大事に梱包されて、展示会場まで運ばれるのです。




↑トンボもちょっとひと休み(諏訪湖畔にて)

今日は「諏訪湖旅情編」でした。

明日は「善光寺参り編」です。

2013.10.22 Tuesday | 今日の美博trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode