展覧会の舞台裏 「キャプション地獄」

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)



地獄といえば閻魔大王でしょうか


(※写真は十王図 駒ヶ根市・光前寺)

地獄にもいろいろありますが、
展覧会の直前に学芸員が落ちるのが「キャプション地獄」です。

展示会場に並ぶ解説パネルやキャプション。
最初に予定された枚数をつくったあとで、
何かモノ足りなくなって次々と新しくキャプションをつくってしまう悲しい性(さが)。
そして次々と発見される誤字脱字

まるで(さい)の河原の石積みのように、
作っても作っても終わることのない「キャプション地獄」。
展覧会が始まっても延々続きます。
まじめな学芸員ほどおちいりやすい地獄。

「ひとつ作ってはお客さまのため、ふたつ作ってはお客さまのため…♪」






今日も市内の集荷を1件済ませ、
午後からせっせと追加のキャプションづくり。
試行錯誤の繰り返しです。
ピンクの文字はやりすぎかなあ? 

まあ、言うほど苦痛でもないんですけど。

くだらないことばっかり言って、閻魔さまに舌を抜かれないようにしなきゃ。

2013.11.01 Friday | 今日の美博trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode