地獄の沙汰もカネ次第?

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

今日はお隣の中津川市から議員さんのご一行をご案内。

東濃はかつて苗木藩があったところ。
廃仏毀釈が徹底された藩のひとつでもあります。
そのせいか議員さんたちも熱心に展示をご覧になりました。

さて、今日からお隣の展示室で「お金の博物誌」展がはじまりました。

カミとホトケとオカネ

意味深な組み合わせですねえ。

お金は、ぼくたちが生きている間だけじゃなく、あの世に行ってからも必要なようです。

いわゆる「六道銭」というやつですね。

地獄の沙汰も金次第

ここで2つの展覧会がつながるんですね。

その地獄の王といえば閻魔さまがまず思い浮かぶでしょう。

↑十王図(閻魔王 駒ヶ根市・光前寺 長野県宝)

しかし、あの世には閻魔さまだけじゃなく、十人の王さまがいます。
王さまというか、裁判官なのですが。
そして、閻魔さまの本当の正体は地蔵さま、ということになっています。


↑地蔵菩薩像(駒ヶ根市・光前寺蔵 長野県宝)

…なんだか難しくなってきました。

申し訳ありませんが、この先のハナシの続きは観覧料をいただくことになります。
あ、明日17日の講演会(13:30〜 2F講堂にて)は無料でしたね。

やっぱり最後はカネのハナシか…

2013.11.16 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode