本ブログの反応

特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

特別展に関わるブログを書きはじめてよそ2ヶ月
それ以前とくらべてウナギのぼり…とまではいかないまでも、
牛歩のごとく着々とアクセス数を伸ばしてきました。

さて、今日は、わざわざブログをみて大阪から駆けつけたという女性がご来館。
他にも「ブログ読んでます!」という方とお会いしたりして、
うれしいやら、こっ恥ずかしいやら

でも、ブログを続けてきた甲斐があったな〜
、と改めて実感。

書き手が思う以上にブログが読まれている、ということを知り、
もっと気を引き締めて取り組まなければ!
などと一瞬思ったのですが、これで内容や文体がガラッと変わってしまったら、ちょっとキモチ悪いかも

だから、これまでと変わらず与太話のごとくユルいブログを続けようかと思い直した次第。


↑昨日の見学会の続き
鳩ヶ嶺八幡宮(飯田市八幡町)にあった、
神宮寺の数少ない痕跡だそうです。

しかし、これは展示できない





 

2013.12.01 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode