霧の街、飯田

       

      飯田市 霧 幻想の街 飯田市美術博物館


出勤前に撮った飯田市美術博物館前の写真です。
今朝は霧が濃くて、朝霧に浮かぶ建物がとても幻想的に見えました。

飯田市近辺は、県内でも有数の霧の発生地であるそうです。
飯田市近辺の霧の発生のメカニズムについては諸説あり、風がなく放射冷却で最低気温が大きく下がる日(冷え込みが大きい日)や気温が水温より下がり、気温が0〜10゜ぐらいの間に霧が出るなどとといわれています。

飯田松川からその天竜川合流点、そして天竜川沿いというのは霧がよく発生するそうです。
「川沿いに霧がかかっているのを高台から見たとき、天竜が雲海をぐいぐい泳いでいるように見え、なるほど、だから天竜川という名がついたのかと納得した。」と知り合いが話しているのを聞いてからは、霧の出る日が待ち遠しくなりました。


       霧の街 飯田市美術博物館
                     飯田市美術博物館2階の会議室の窓からの景色です。


       霧の発生 長野県飯田市

街全体が霧に覆われているのがわかります。

霧の日って曇っていて今にも雨が降りそうな気がしますが、飯田では朝霧が出ると晴れるとか
霧が降りると天気がよくなると言うそうです。
なるほど、10時ごろには、すっかり霧はなくなり、快晴となりました。
(ちなみに山の中腹に霧がかかれば雨が降ると言われています。)




2010.12.12 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode