日夏耿之介記念館に咲くカイドウの花

美術博物館本館から少し離れた場所に、日夏耿之介記念館という別館があります。
その記念館の入口の脇で、ひっそりとたたずむカイドウ(海棠)の木


↑写真は2012年4月27日の日付になってました。


平日の出勤時には必ずその木の前を通っているはずなのですが、普段はあまり目立たないので、
なんとなく通り過ぎてしまいます。

でも、桜が散り始める頃になると、桜よりも少し濃厚なピンクのかわいらしい花を咲かせてくれます。
和風の日夏記念館にとてもよく似合っていると思います。


昭和40年5月、日夏耿之介とカイドウの木。貴重な写真です。


平成26年、ほぼ同じアングルで撮った(つもり。でもぜんぜん違うなあ…)

だからここ数日は、いつ花が咲くのか観察しながら出勤しています。
最近のささやかな楽しみです。
ほかに楽しみが無いもので…

近頃は木の傷みひどく、痛々しい姿ですが、たぶん今年もきれいな花を咲かせてくれることでしょう。

今年はまだつぼみ。
 
2014.04.13 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode