電子顕微鏡観察教室

風越山 信州 雪景色 展望台 飯田 冬景色  

今日は昨日よりも少し暖かい日となりました。
風越山が真っ白な雪に覆われてキレイです。
凍結事故防止のため展望台は当分の間、閉鎖。(ちょっと残念・・・)


さて、今日は日曜日。
飯田市美術博物館では毎週日曜日、午前10時から11時までの1時間と午後2時から3時の1時間、2階の科学工作室で、電子顕微鏡観察教室を開いています。

電子顕微鏡とは、通常の顕微鏡(光学顕微鏡)では、観察したい対象に光(可視光線)をあてて拡大するのに対し、光の代わりに電子(電子線)をあてて拡大する顕微鏡のこと。
光学顕微鏡では見ることのできない微細な対象を観察(観測)できます。

電子顕微鏡には大別すると、 “走査型電子顕微鏡”(SEM: Scanning Electron Microscope)と“透過型電子顕微鏡”(TEM: Transmission Electron Microscope) の2種類があります。



電子顕微鏡
飯田市美術博物館の電子顕微鏡は、走査型電子顕微鏡です。




電子顕微鏡 放散虫 飯田市  飯田市美術博物館 星の砂


左が放散虫の化石(原生動物肉質綱放散虫目の海洋性プランクトンの総称。
体は直径数十マイクロメートルから数ミリメートルで、多数の放射状の仮足を出す。)
右が西表島の星の砂有孔虫の殻が堆積したもの)。

これ以外にも花粉や昆虫、岩石などを拡大したものを見ることが出来ます。
肉眼では見ることの出来ない微の世界を体験してみませんか?
ご希望の方には、電子顕微鏡で撮った写真をお渡しします。(1枚30円)


飯田市美術博物館の自然部門学芸員が毎週交替で担当します。
専門分野のお話が聞ける良い機会ですよ。





電子顕微鏡観察教室

日  時:毎週日曜日(午前10時〜11時と午後2時〜3時の2回)
場  所:飯田市美術博物館 2階 科学工作室

※無料、申込み不要。  
※諸事情により、開催しない日もあります。





2010.12.26 Sunday | お知らせtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode