雪の中、ご来館ありがとうございました!

雪の朝 飯田市 
今朝は久しぶりに雪が降りました。
ふわふわの粉雪です。
今日と明日は、大学センター試験の日ですが、受験生たちの足は大丈夫かな?

さて今日の美術博物館は朝9時半から古文書講座、午後からは自然講座と下伊那生物研究会発表会、と悪天候にもかかわらず、たくさんの方々が飯田市美術博物館にお見えになりました。

まずは、午前中の古文書講座の様子です。

古文書講座 飯田市美術博物館

古文書講座では、伊那谷の古文書をテキストにして、その読み方を勉強しています。
難しそうな古文書ですが、内容はなかなか面白いことが書かれているようです。
小池貞彦先生がわかりやすく丁寧に説明してくださいます。

古文書講座は、1班と2班に分かれており、1班は毎月第一水曜日、2班は毎月第3土曜日のそれぞれ午前9時40分から11時30分までです。

2月の講座は、第一水曜日が美博休館日のため、2月9日(水)ですのでご注意を!
第3土曜日は、2月19日(土)です。
今日初めて来たという方もおられました。
古文書が全く読めない方でも安心してご参加下さい。


さて、午後1時半からは、講堂に於いて自然講座「八ヶ岳の高山帯におけるニホンジカの食害状況」が開催されました。

講師は、林野庁中部森林管理局の元島清人さん。
八ヶ岳の高山帯におけるシカ被害調査の結果の報告をスライドを使って写真をたくさん見せてくださいました。この被害調査の結果をふまえ、シカ防護柵の設置など今後の対策について説明して下さいました。

八ヶ岳のシカの食害 飯田市美術博物館

小雪の舞い散る悪天候にもかかわらず、たくさんの方が講座を聞きに来て下さいました。
ありがとうございます。


午後2時半からは科学工作室に於いて、「下伊那生物研究会」の研究発表会がありました。

「巣箱によるシジュウカラの繁殖」
「絶滅危惧種・県の天然記念物‘ブッポウソウ‘の棲む「遠山郷」を目指して!」
「遠山川上流の底正動物について」
など、飯田下伊那近郊の小学校、中学校、高校の先生方や先生以外の方の研究発表です。

マダラチョウ 飯田市美術博物館 下伊那生物研究会
中には、たくさんの蝶の標本を持参して来られた方も!
オオムラサキやアサギマダラ、ミヤマカラスアゲハ等、美しい蝶に思わず見とれてしまいました。

1月は、この他にもいろんな講座・イベントがあります。
1月の講座・イベントは、びはくにゅーす1月号に掲載されています。
申込みの必要なイベントもございますので、ご確認を。

 びはくにゅーす1月号

来月2月のびはくにゅーすもぜひご覧下さい。

 びはくにゅーす2月号



まだまだ冷え込みが来そうな飯田ですが、風邪などひかぬようお気をつけ下さいね。








2011.01.15 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode