第4回 やさしい仏像のみかた「仏像百態」

大仏 仏教文化講座 やさしい仏像のみかた 仏像百態シリーズの最終回が本日23日に飯田市美術博物館2階講堂で行われました。

最終回の今日のテーマは「仏像鑑賞の要点」。
過去3回の講座で取り上げた、仏像のポーズ(立ち方、座り方)や仏像の色など個別のテーマの総まとめです。
講師は、当館学芸員の織田顕行です。

53名もの参加者で、会場の講堂はほぼ満杯。
ここ数年の仏像ブームも影響してか、今回は若い方の参加も目立ちました。



仏像 飯田市美術博物館



仏像 飯田市美術博物館


普段なにげなく見ている仏像でしたが、立ち方や座り方、足の組み方、手の位置、手のかたち、持ち物には、アジアの民俗の風習や仏教思想を反映しているのだそうです。

今度仏像を見る機会があれば、今回の講座で学んだことを参考にしてみると面白いだろうなと思いました。

来月も当館学芸員織田の講座(信濃の歴史講座)がありますので、ぜひご参加下さい。



信濃の歴史講座(全3回)

第3回 「信濃の近世」

≪テーマ≫

・「秋葉信仰の神像〈迦楼羅〉の系譜」  塩崎正さん(県立歴史館学芸部長)

・「獅子の信仰とそのかたち」             織田顕行(美博学芸員)


日時:2月6日(日)午後1時30分〜4時
場所:飯田市美術博物館 2階講堂
主催:飯田市美術博物館
共催:長野県立歴史館

※申込み不要 受講無料





2011.01.23 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode