第15回伊那谷自然史発表会

伊那谷自然友の会との共催で2011年3月13日(日)に「第15回伊那谷自然史発表会」を今年も開催されました。



プログラム等の詳細は⇒自然史発表会 飯田



一年間温めてきた調査・研究結果の他、テーマを持った写真の発表、海外旅行や登山の報告などを自由に気楽に発表する会です。



発表者の説明

   
飯田市立三穂小学校6年生によるポスター発表。
6年生22人全員で取り組みました。2年にわたる調査で、しっかりまとまっています。





片桐一樹さん発表のニュージーランドサザンアルプスの氷河の消長。

興味深い内容でした。


とちゅう、せいらんどう 川手夏子さんのクッキーをいただきながらの茶話会。
原材料は、無農薬玄米粉や片栗粉、てんさい糖、なたね油、塩。
さくら塩漬けが真ん中にのっかったクッキーと黒ゴマクッキーです。


 
      


お茶でひといきついたあとは、当館学芸員の坂本正夫さんの赤石山脈の中央構造線の活断層による変位地形と活動年代の発表です。
東北大地震が起こった直後のことですし、活断層の話には真剣に耳を傾けました。





東北地方太平洋地震、各地地震災害にて被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げると共に、この地震で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。






2011.03.19 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode