組替え絵画−私たちの作品を見てください−

 組替え絵画/私たちの作品を見てください
−66/150 飯田市美術博物館にて 2011−

3月26日(土)に飯田市美術博物館で行われた前沢知子(現代美術作家)さんのワークショップ、
「からだをいっぱいつかってお絵かきしよう」で子どもたちが作り上げた作品が、組み替え絵画として生まれ変わって、ロビーに展示中です。


↑ワークショップの様子(詳細記事はコチラ


こうやってみんなで作った作品が、こうなりました。↓







『絵画の借景』−前沢知子−

 私の生家は天竜川の渓谷にあり、窓から眺める風景は、川霧で木々が見え隠れし刻一刻と変化していました。それは眺めることで、自然空間に霧と木々とで現れる「関係性の空間絵画」でした。
 ワークショップ「からだをいっぱい使っておえかきしよう!」(平成23年3月26日実施)で出来た素材を、作家の最低限の制作行為(トリミング)により平面150枚にし、うち66枚を構成し、自由に組替え可能な作品として展示しています。
 ワークショップでは床一面の巨大な紙の上で親子が全身でお絵かきし、描画行為の本質(原初的欲求/身体性)を体験しました。
 「発達と認知」「行為と環境/状況」「現象と場」など社会の「あらゆる関係性」が、媒体を通して空間要素と関わり、関係性の絵画空間「絵画の借景」が現れます。











2011.05.07 Saturday | お知らせtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode