企画展記念講演会「天体衝突と生命進化」

 現在、飯田市美術博物館では、企画展小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展を開催しておりますが、その記念講演会として、今日は国立天文台の渡辺潤一さんをお招きして、「天体衝突と生命進化」という題目で講演をしていただきました。

飯田市美術博物館の講堂は、120名を超えるほどの聴講者で埋め尽くされました。


渡辺潤一 隕石 天体衝突

天文学者:渡部潤一さんのプロフィール


肩書:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台天文情報センター広報室長、教授、総合研究大学院大学数物科学研究科天文科学専攻教授


1960年 福島県会津若松市生まれ
1983年 東京大学理学部天文学科卒
1987年 東京大学東京天文台助手
1988年 東京大学にて学位取得(理学博士)
       国立天文台・光学赤外線天文学研究系・助手
1992年 総合研究大学院大学・数物科学研究科助手併任
1994年 国立天文台広報普及室長を兼務(2003年まで)
1998年 国立天文台天文情報公開センター助教授
2005年 国立天文台天文情報センター広報室長
2006年 国立天文台天文情報センター長
2008年 同アーカイブ室長(兼務)
2010年 同 広報室長
2010年 同 教授、 現在に至る

研究内容:
太陽系の中の小さな天体(彗星、小惑星、流星など)の観測的研究。
特に彗星を中心に太陽系構造の進化に迫る。天文学の広報普及活動にも尽力。


2006年、国際天文学連の「惑星の定義委員会」委員となり、冥王星の惑星からの除外を決定した最終メンバーの1人となった。


テレビ等メディアへの出演や一般向けの著作も多く、日本の天文学者の中では最も有名な1人といえる方です。本を読んだことがある人やテレビで見て知っている方も多かったのではないでしょうか?


一見、難しそうな話ですが、海外のコマーシャルを紹介したり、おもしろいエピソードを織り交ぜて話して下さいました。
天文学にとっての「ついこの間の」「つい最近の」は、何百年何万年なんですね。

こういうスケールの大きいお話を聞くと、元気になりますね。

小惑星が衝突した御池山隕石クレーター展は、8月28日まで開催しています。

プラネタリウム投影中のHAYABUSAも併せてお楽しみいただけると思います。
暑い日は、飯田市美術博物館でスケールの大きな展示と美しいデジタル映像で心身ともにリフレッシュして下さい。

プラネタリウム投影案内は、こちら










2011.06.26 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode