今日は飯田市も大雪です。

夜半から降り出した雪が日中もどんどん積もって、すでに積雪は20cm以上になってます。

本日は、明日から始まる「第十四回 現代の創造展」の展示準備で臨時休館ですが、歩道や通路は雪をかきました。
でもかいた端から再び雪に埋もれていきます。

併設する柳田館もほら、この通り。




美術博物館の庭には、飯田出身で「日本の博物館の父」と呼ばれる田中芳男の胸像がありますが、
博物館の父も今日は肩無し。 
肩が見えなくなって四角錐です。






近づいてみると、なんとなくご機嫌も悪そう。
あとで、雪を払っておきます。

2014.02.08 Saturday | - | trackbacks(0)

第6回びはく学芸祭、盛況のうちに終了

 

当館の学芸員をはじめ、職員たちによる研究発表が行われました。

 

「第6回びはく学芸祭」という名前がついております。

 

予想外? の盛況ぶりで、立ち見が出るほど。

 

 

新しく購入した飯田城の見取り図のお披露目なんかもやったりして。

 

 

参加していただいた皆さん、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

2014.01.19 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

今年一発目の仏像調査

旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、美術博物館は4日土曜日から仕事始め
そして今日は朝から借りていた資料の返却を兼ねて、
地区で管理するお堂の調査へ。

今年一発目の仏像調査
です。



↑このお堂は春に改築するとのこと。
それで今日は地区のみなさんが集まって、
堂内の大切な仏像などの引っ越し

お寺やお堂の調査は冬場に集中することが多く、
おそろしく寒いお堂の中で震えながら作業したあとで風邪をひくというのが
定番なのですが、
今年は例年に比べて暖かく、ポカポカ陽気のなかでの作業となりました。


↑(皆さんならこの写真にどんなタイトルを付けますか?)


↑新たな発見もありました。

今年も幸先のよいスタートになりました。

2014.01.05 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)

特別展「カミとホトケの交渉史」本当に終了です。

借りたものを無事に元の場所に返すという最後のヤマ場を無事に終えることができました。
これもひとえに神仏の御加護のおかげでしょうか。


↑最終日は雪でした。


↑タヌキも雪に埋もれてました。

これで本当に展覧会終了です。
展覧会担当者としては、展覧会の終了日よりも返却作業を全部終えたあとのほうが気が抜けるものです。

そしていま、すっかり脱力して抜け殻状態で書いているこのブログも、
最後のヤマ場が終わってしまったので、とりあえずひと区切りにしようと思います。

といっても、当館のブログ自体は続きます
去る10月からおよそ2ヶ月半は展覧会担当者(織田)がほぼ毎日書いていましたが、
今後はしばらくぼくを含めて不特定多数の職員が思いつくままに、あるいはそれぞれの展覧会担当者がブログを書き散らすことになろうかと思います。

引き続いてお付き合いのほど、よろしくお願いいたします

2013.12.21 Saturday | 今日の美博trackbacks(0)

地元の社寺を紹介する番組

今日の返却行脚は豪雪に見舞われると思いきや、
幸か不幸か雪は雨に変わり、
まあ若干の不便はあったけれど無事にあっさりと返却作業終了

さて、18日の午前中、返却行脚の合間を縫って訪れた正永寺というお寺。

地元ラジオ局の番組収録
のお手伝いです。
このお寺、何度も火災に遭っていて古いものはあまり残っていないけれど、
なかなか見どころ満載です。


↑大正時代につくられた重厚な本堂。



各所にちりばめられた彫刻がユニーク。ご本尊さまにあいさつをしたら、
上を向いて歩こう。




↑庫裡のふすまの引き手。焼き物でできてます。

いいだFMの番組の中で、飯田下伊那のお寺や神社を紹介するコーナーがあるのをご存じでしょうか(地元限定情報ですが)?
局のパーソナリティの方とわたくしめが一緒に現地でレポートするという形式のコーナーなのですが、
電波に乗った自分の声を聞くことに耐えられず
恥ずかしながらどんな状態で番組が進行されているのかよくわからないまま1年近くお付き合いさせていただいております。

もし興味があればラジオ聞いてみてください。

2013.12.19 Thursday | 今日の美博trackbacks(0)

神仏の御加護もこれまで?

今朝から飯田は雪

これまでの借用物の返却作業では、
ほとんど雪に降られることはありませんでした。
これも展覧会にお出ましいただいた神仏の御加護と安心していたのですが…




↑お地蔵さんも冬支度。



明日あさっての返却作業が心配です。
明日の朝は雪かきかな。

2013.12.18 Wednesday | 今日の美博trackbacks(0)

梅が咲いてました

今週も、先週と同じく「カミとホトケの交渉史」展の借用物の返却ウィークです。

街ではどこに行ってもクリスマスですが、
我々の向かう先は寺やお堂ばかり。
どこもクリスマスとは無縁です…





夕方に向かった返却先では梅が咲いていました
冬至の頃に咲く梅とのことです。

息が白くなるような寒さのなか、少しだけ心が暖まりました。

2013.12.17 Tuesday | - | trackbacks(0)

ダルマさんが転がるお寺で返却作業

飯田は今朝から雪化粧。
今日の資料返却作業は大丈夫だろうか…
と心配しましたが、大して雪が積もることもなく無事作業終了。



午後にうかがった駒ヶ根市の光前寺は年末モードに突入。
寺務の方々がダルマさんの名入れ作業に追われていました。


↑ダルマさんの山、というかダルマ山脈ですね。
その脇でダルマさんが転んでいました…
ちなみに近ごろは神社でもダルマさんを扱うとのこと。
神仏習合でしょうか。

これで運送業者さんたちとの返却行脚はおしまい
ちょっとだけ安心です。
あと、残りの借用物は自分たちでせっせとお返しに回ります。

来週も大して雪が降らないといいんだけど。
雪ダルマが作れるほど降るとさすがに困る…

2013.12.14 Saturday | 今日の美博trackbacks(0)

明日から須田剋太の展示が始まります

今週は展覧会で借りたものの返却行脚がずっと続くのですが、
今日だけは作業無

飯田は雪が降って寒い1日になりましたが、
こんな日に返却作業が無いのは本当にありがたいこと
おかげさまで、たまっていた事務処理をだいたい片づけることができました。

そして、明日から始まるコレクション展示「剋太の書、剋太の画」の展示作業をちょっとだけお手伝い。

展示室はガラっと模様替え。
担当者としてはちょっと寂しいですが、
先週まで開催していた「カミとホトケの交渉史」展の跡などひとかけらもありません。

須田 剋太(すだ こくた)

司馬遼太郎の紀行集『街道をゆく』の挿絵を手掛けた作家でもありますが、
それはそれとして、まずは作品を観てください。


↑何かのジオラマ?
いやいや、晩年に使っていたパレットだそうです。



コレクション展示「剋太の書、剋太の画」
は明日12月14日から1月26日まで。
ぼくはまた返却行脚です。
雪が心配です。

2013.12.13 Friday | 今日の美博trackbacks(0)

借りたものを無事に返すまでが展覧会?

 今日で借用物の返却行脚3日目。

若干の降雪に見舞われるも、
大した影響もなく所蔵者の皆さんの元へ無事にお返しすることができました

10日と11日は高速道路上での事故が相次ぎ
生々しい事故現場を横目にしながらの道中となりました。
とくに11日早朝のの事故は被害が大きく、報道等でご存じの方々も多いはず。


↑11日の事故現場…

10日は、昼食の折にぼくだけ山賊焼定食などというめんどくさいものを注文したせいで、
その後の予定が30分ずつ遅れてしまいました

でも、10日夕方の事故はぼくらが事故現場を通る30分程前に起こったばかり。
昼食時のロスが無ければ、事故に巻き込まれてもおかしくない状況でした。


山賊焼定食のおかげ
です。
いや、これも神仏の御加護ですね。




↑梱包を解いて、無事に元の場所にお帰りいただいたホトケさま(岡谷市・平福寺)


展覧会を終え、当たり前のように元の場所へ無事に展示物をお返しする作業。
実は当たり前ではないことを改めて痛感した次第。

やっぱり、借りたものを無事に返すまでが展覧会、ということですね。

2013.12.12 Thursday | 今日の美博trackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode