大恐竜展の関連行事が決まりました!

スピノ全身骨格(2009幕張メッセにて) 
▲2009幕張メッセで展示されたスピノサウルス全身骨格、これも飯田へやってくる!

まもなく、大恐竜展「謎の巨大恐竜スピノサウルス」のポスターチラシができます。
関連行事も決まってきました。ここで、展示の概要と行事をまとめて紹介いたします。

■展覧会名:大恐竜展「謎の巨大恐竜 スピノサウルス」
■主  催:飯田市美術博物館
■特別協力:日本経済新聞社
■協  力:群馬県立自然史博物館
■会  期:6月23日(土)〜9月2日(日)
■開館時間:午前9:30〜午後5:00(入館は4:30まで)
■休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
■観 覧 料:一般500円(400円)、高校生300円(250円)、小中学生200円(150円)
    *()は20名以上の団体料金

■関連行事
○講演会「スピノサウルス復元をめぐって」
 講 師:長谷川善和氏(当館顧問)
 日 時:6月23日(土) 午後1:30〜3:00
 会 場:講堂
 参加費:無料

○体験教室「恐竜の歯や爪のレプリカをつくろう」
 期 日:7/1、7/15、8/5、8/26
 時 間:1回目 午前10:00〜10:30 2回目 午前11:00〜11:30
      3回目 午後1:00〜1:30   4回目 午後2:00〜2:30
      5回目 午後3:00〜3:30   6回目 午後4:00〜4:30
 定 員:各回につき5人
 申込み:開催日の2週間前から電話で受付(先着順)
 参加費:200円

○展示解説会
 期 日:7/8、7/22、8/19
 時 間:1回目 午前10:00〜11:00 2回目 午後2:00〜3:00
     *開始時刻に受付前へ集合
 参加費:展示観覧料が必要
 
○大恐竜展 写生大会(絵の具やクレヨンで恐竜を描こう!)
 期 日:7/28、7/29
 時 間:午前9:00〜午後4:00
 申込み:2週間前から電話で受付(当日参加も可)
 参加費:無料  *絵の具・画板を持参してください。 

○大恐竜展 ナイトツアー
 日 時:7月29日(日) 午後7:30〜8:30
 集 合:美博受付
 定 員:20人
 申込み:2週間前から電話で受付(先着順)
 参加費:展示観覧料が必要

○講演会「最新恐竜学」
 講 師:真鍋 真氏(国立科学博物館研究主幹)
 日 時:8月25日(土) 午後1:30〜3:00
 会 場:講堂
 参加費:無料
2012.05.19 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

謎の巨大恐竜スピノサウルスが飯田へやってくる!

2009年幕張メッセで紹介されたスピノサウルス
▲2009年の幕張メッセに姿を現したスピノサウルス(生体モデル)

今年の夏(6/23〜9/2)、飯田市美術博物館で大恐竜展「謎の巨大恐竜 スピノサウルス」が開催されます! 2009年に幕張メッセではじめて披露され、岩手・群馬と旅をして、とうとう飯田へやってきました。

スピノサウルスは100年前にエジプトで発見され、背中に大きな帆をもつ不思議な肉食恐竜として紹介されました。しかし、戦争で標本が消失するなど数々の不幸にあい、長い間、謎の巨大恐竜のままでした。2000年に再調査がなされ、これまでの資料をもとに2009年に全身骨格と生体モデルが復元されました。その大きさは、全長17m、高さ6m。史上最大級の肉食恐竜が姿を現しました。

ところでこんなに大きな展示物は、当館の展示室には収まりません。頭を悩ませながらも、皆さまとのご対面を、職員一同、楽しみにしています。

これから展示開始の6月23日(土)まで、準備の様子などを紹介したいと思います。
2012.05.12 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

遠山霜月祭完全記録映像DVDのご紹介

南アルプスに抱かれた長野県飯田市の遠山郷では、古くより冬至の太陽の衰弱と復活になぞらえて、万物の「生まれ清まり」を祈る霜月祭が伝承されてきました。

集落ごとに全国各地の神々を請来し、夜を徹して湯を献じ、舞いを奉納して生命の更新と一年の無病息災を願う代表的な湯立神楽の祭りです。
「遠山霜月祭」は、昭和54年2 月3日、文化庁の重要無形民俗文化財に指定されました。

詳細はココ→遠山郷と霜月まつり



「遠山霜月祭」の全容を紹介する貴重な記録映像DVDをご紹介します。
神楽歌・呪文などがすべて字幕(テロップ)によって表示されており、霜月祭を見に行かれる方もそうでない方も霜月祭の迫力を体感していただけると思います。

2011年制作 南信濃村
・「遠山霜月祭」完全保存版-和田編・木沢編- 2巻(各120分)
一般視聴用 :1巻 5,500円、2巻セット 10,000円
大学・図書館用 :2巻セット 45,000円


詳細はこちら



既刊2009年制作 上村
・「遠山霜月祭」完全保存版-上町編・中郷編・程野編・下栗編- 4巻(各120分)
一般視聴用 :1巻 5,500円、4巻セット 20,000円
大学・図書館用 :4巻セット 90,000円

詳細はこちら

添付画像

・南信濃村・上村6巻セット
一般視聴用 :28,000円
大学・図書館用 :125,000円



お求めは本館窓口か、郵送の場合は現金書留にてお願いします。
現金書留で送金の場合
商品代は現金、送料は切手で、商品名・送付先を明記の上お申し込み下さい。
現金書留が届き次第、お送りいたします。詳しくはお問合せください。
飯田市美術博物館 TEL:0265-22-8118 E-mail:bihaku@iida-museum.org

さらに、「遠山霜月祭」を詳しく解説した報告書も当館で好評販売中です。


遠山霜月祭(南信濃]妥帖θ重河内・南和田編)    遠山霜月祭(上村)

 Shimotsuki matsuri 遠山霜月祭 長野県飯田市         霜月祭 上村 飯田市
  飯田市美術博物館・遠山常民大学 刊行               飯田市美術博物館・上村遠山霜月祭保存会 刊行
  A4判 一部カラー 205ページ                     A4判 一部カラー 372ページ
  定価 1,700円    送料340円                       定価 3,500円    送料450円 





遠山霜月祭の世界 ―神・人・ムラのよみがえり―         遠山霜月祭(南信濃¬畋地区編)
 長野県飯田市 霜月祭          
  A4判 カラー 122ページ                        A4判 一部カラー 410ページ
  定価 1,500円  送料 340円                      定価 2,800円    送料450円


詳細はこちら


内容紹介(遠山霜月祭の世界ー神・人・ムラのよみがえりー)
長野県飯田市 遠山郷 霜月祭

民俗芸能の宝庫ともいわれ、貴重な祭りが数多くのこる当地域の民俗芸能にご関心のある方はぜひご一読ください。


その他の出版物についての詳細、お申込み方法については↓

                    飯田市美術博物館の出版物について





 


2011.12.12 Monday | お知らせtrackbacks(0)

飯田市美術博物館ホームページのご案内(FAQコーナー)

飯田市美術博物館ホームページへようこそ!

           飯田市美術博物館 キャラクター むーちゃん
               むーちゃん


  
F.A.Q(よくあるご質問)コーナー

シンプルな表紙のわりには情報豊富な奥深い美博のホームページ。
しかし、情報が多すぎて知りたい情報になかなかたどりつけなかたったり、情報があるのに見つけられなかったり・・・
そこでF.A.Qコーナーを設けてみました。少しでもお役に立つことができますように。


1.絵画や菱田春風など郷土作家について調べたい

2.自然分野に興味がある。伊那谷自然友の会って?

3.伊那谷の自然観察にふさわしい場所は?

4.伊那谷の地形・地質を観察するのに適した場所は?登山コースでおすすめは?

5.飯田・下伊那の文化財を調べたい。

6.どんな出版物がありますか?購入するには?

7.市民ギャラリーを利用したい

8.お得な年間パスポートって?

9.飯田市美術博物館のオリジナルグッズって?

10.博物館実習生の受け入れについて

11.車椅子、ベビーカーの貸し出しはありますか?

12.赤ちゃん連れでも大丈夫ですか?

13.施設内に飲食ができる場所はありますか?

14.飯田市美術博物館の屋上(展望台)に上がることは可能ですか?

黄昏の街 飯田市 トワイライト 長野県飯田市美術博物館
↑美博の展望台から見える黄昏の飯田(12月14日午後5時過ぎ撮影)



16.子供向けの講座やイベントはありますか?
        
         ☆絵が好きなら→
子ども美術学校

         ☆科学好きなら→子ども科学工作教室 「ロボットを作ろう」

                    子ども科学工作教室「3極モーターを作って自動車を走らせよう!」

         ☆ワークショップ「からだをいっぱいつかってお絵かきしよう!」

        ☆
ワークショップ「ダンボールでキリンを作ろう」


17.古文書を勉強したいのですが・・・

18.当館の研究紀要等の他、地域で発行されている研究雑誌を調べたい

19.全国の自然史系博物館が所有する生物多様性に関する標本情報はありますか?

20.飯田市美術博物館所有の専門図書・雑誌の閲覧はできますか?

21.飯田市美術博物館の資料を研究や印刷などのために利用することができますか?

22.美博の沿革や組織について知りたい

24.飯田市美術博物館にある桜について知りたい

23.レンタサイクルの利用方法について知りたい

レンタサイクル

24.
飯田市美術博物館の建物のデザインについて知りたい

2011.06.29 Wednesday | お知らせtrackbacks(0)

プラネタリウムの愛称決まりました!

今年3月の飯田市美術博物館プラネタリウムのリニューアルオープンにともない、新プラネタリウムの愛称を一般募集しておりましたが、下記の通り決定いたしました。



愛称:プラネタリウム天歩(tempo)

よみ:ぷらねたりうむてんぽ

【命名の趣旨】
  
「宇宙散歩は人類の夢」
天空を見上げるロマンや壮大さと、ゆったりとしたテンポで地に足を付け、地域に根ざして歩んでいくという意味合いを結びつけることができる名称となっており、当館のプラネタリウム施設を、宇宙と地域を結び、広く世界に地域の魅力を発信する拠点にしてゆきたいという思いを込めて、「プラネタリウム天歩(tempo)」を愛称として採用させていただきました。

【応募者数】

当館プラネタリウムの観覧車から愛称案を3月26日から5月5日まで募集した結果、253名の応募がありました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。


 記念品贈呈式のお知らせ 

日 時:7月3日(日) 午前9時45分〜

場 所:当館プラネタリウム室前ロビー



プラネタリウム投影案内は、こちら








2011.06.28 Tuesday | お知らせtrackbacks(0)

カフェテリア

飯田市美術博物館 カフェ


飯田市美術博物館の一階の隅っこにカフェテリアがあります。

昔は、喫茶室でミュージアムカフェと呼ばれていたそうですが、今はドリンクの自販機が置かれているだけとなっています。
(ドリンクメニューは季節により変わります。)

カフェテリア

静かで明るいカフェテリアは、飯田市美術博物館のちょっとした憩いの場となっています。
ゆっくりお茶するのもよし、ランチを持ち込んで食べてもいいし、お友達との待ち合わせに使っても。
カフェテリアには、ミュージアムショップで販売している図録も展示してありますので、ゆっくりとご覧いただけます。

赤ちゃん連れの方なら、授乳室もあるので、安心です。
もちろん、トイレにはおむつ換え用の台が備え付けられています。



福島第1原発事故や浜岡原発の全面停止で夏場の電力不足が懸念される中、ゴーヤなどつる性植物で建物の窓際を覆い、室内温度の上昇を抑える「緑のカーテン(グリーンカーテン)」が今、注目を集めていますが、ここ飯田市美術博物館でも、緑のカーテン事業を推進すべく、アサガオが植えられています。

緑のカーテン
まだもうちょっとカーテンになるには時間がかかりそうですが。(6月28日現在)




飯田市美術博物館にお越しの際は、市民ギャラリー隣のカフェテリアをぜひご利用下さい。













2011.06.28 Tuesday | お知らせtrackbacks(0)

第6回美博まつり ボランティアスタッフ募集

第6回「美博まつり」のボランティアスタッフを募集します。


「美博まつり」にスタッフとして参加していただき、一緒にイベントを盛り上げてくださる方々を募集いたします。
「美博まつり」は、普段の事業とは趣を変え、子どもたちや親子を対象としたワークショップを全館で開催するなど、より楽しく身近に美術博物館で遊んでいただくイベントとして開催するものです。
「美博まつり」は、多くの市民の皆様、とりわけ明日を担う子供たちと美術博物館とをつなぐ大切な機会と考えています。
この「美博まつり」にスタッフとして参加していただき、一緒にイベントを盛り上げてくださる方々を募集いたします。
まずはお電話にてお申し込みください。

日   時:平成23年7月30(土)〜7月31日(日) (2日間)

場   所:
飯田市美術博物館

募集人員:
20名程度

業務内容:

1)受 付 (チケットの販売、もぎり、会場案内・整理など)

2)ワークショップ補助

応募資格 
対象など:
高校生以上で健康な方であればどなたでも。1日のみの参加でも可。

時   間:8:15〜17:30

応募方法:
お電話にてお申込みください。受付は6月21日(火)から行います。
        最終締め切りは7月14日(木)としますが、定員になり次第受付を締め切らせていただきます。

そ の 他:

 1)お昼に軽食を支給します。(交通費は出ません)
 2)当日にスタッフ証をお渡しします。
 3)保険に加入していただきます。
 4)事前に説明会を行います。いずれかの日にご参加をお願いします。
  
7月23日(土)、24日(日) 10:00〜 

申 込 み  
問 合 せ:
 詳細をお知りになりたい方、参加を希望される方は、
        飯田市美術博物館0265-22-8118までご連絡ください。









2011.06.16 Thursday | お知らせtrackbacks(0)

子ども美術学校初日

 今日は、子ども美術学校の初日。
生徒募集したところ、あまりにもたくさんの応募があったので、1クラスの予定だったのを急遽2クラスに増やして、合計64人の小学生が入学してくれました。

さて、入学式。飯田市美術博物館の井上副館長が挨拶しました。



絵の先生は、丸山陸雄先生です。化石や動物の剥製の周りに集まってお話を聞いています。





お隣のお友達の似顔絵を書き合います。








出来上がった絵に彩色していきます。



作品をみんなで鑑賞します。


作品を作ったり、美術館の中を探険したり。
毎回毎回、楽しかったと思ってもらえたらいいなと思います。


≪子ども美術学校スケジュール≫

      Aクラス  
Bクラス
 
 5 月
  21日(土)  22日(日)

 6 月  18日(土)  25日(土)
 
 7 月   9日(土)  16日(土)

 8 月   6日(土)  13日(土)

 9 月   4日(日)  10日(土)

10月   8日(土)  15日(土)

11月  19日(土)  26日(土)

★作品展(市民ギャラリーにて)

2012年3月20日(火)〜25日〈日)







2011.05.21 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

平成23年度子ども科学工作教室のお知らせ

 平成23年度子ども科学工作教室第1回「3極モーターを作って自動車を走らせよう!」
を下記の要領で開催します。



★日 時:6月4日(土)午前9時45分〜午後3時

★会 場:飯田市美術博物館 2階科学工作室

★受講料:1000円(教材費)

★募集定員:45名(小学4・5・6年生)

★持ちもの:筆記用具、昼食、水筒(持ち物にはすべて記名のこと。)
     ※工具は美博に準備してあります。

★申し込み方法

往復ハガキかEメールに「住所・氏名・学校・学年・電話番号」と「科学工作教室受講希望」と明記し、5月26日までに下記までお送り下さい。

  ■往復ハガキ⇒〒395-0034 飯田市追手町2丁目655 
                     飯田市美術博物館宛
   ※返信用ハガキには何も記入しないこと。

  ■Eメール⇒bihaku@iida-museum.org
   ※メール送信されて2日たっても美博より受付返信がない場合は、
    電話でお問い合わせ下さい。

  ■応募者が定員を超えた場合は、抽選により受講生を決定し通知します。


≪お問い合わせ≫飯田市美術博物館 0265-22-8118




クリック 昨年度の様子




ご案内


子ども科学工作教室について

 子ども科学工作教室は、地域工業の発展を担う子どもたちの育成を目的に、1993年から飯田市と伊那テクノバレー地域センターの呼びかけにより始まりました。
 教室は年4回、飯田市美術博物館で開催し、飯伊地域の小学生(4年〜6年)を対象に協力企業のボランティアが指導にあたり、毎回定員を上回るほどの応募があります。
 発足当初からご指導・ご協力いただいている地元企業11社で構成する「子ども科学工作教室推進研究会」は、長年の功績から、2004年11月に「信州日報文化賞」、2005年1月に「飯田市ムトス賞」、同年4月には「文部科学大臣表彰科学技術賞」の理解増進部門で受賞するなど、地道な活動が評価されてきています。

子ども科学工作教室推進研究会参加企業(11社)

・TDK飯田(株)  
・多摩川精機(株)   
・シチズン平和時計(株)  
・KOA(株)
・三菱電機(株)  
・オムロン飯田(株)  
・旭松食品(株)        
・(株)天龍
・日進精機(株)  
・夏目光学(株)    
・中部電力(株)  



子ども科学工作教室の今後の予定

9月3日(土)  「ソーラーカーを作って走らせよう!」 クリック 昨年度の様子

11月5日(土) 「天体望遠鏡を作ろう!」 クリック 昨年度の様子

1月28日(土) 「ロボットを作ろう!」 クリック 昨年度の様子

 





2011.05.12 Thursday | お知らせtrackbacks(0)

組替え絵画−私たちの作品を見てください−

 組替え絵画/私たちの作品を見てください
−66/150 飯田市美術博物館にて 2011−

3月26日(土)に飯田市美術博物館で行われた前沢知子(現代美術作家)さんのワークショップ、
「からだをいっぱいつかってお絵かきしよう」で子どもたちが作り上げた作品が、組み替え絵画として生まれ変わって、ロビーに展示中です。


↑ワークショップの様子(詳細記事はコチラ


こうやってみんなで作った作品が、こうなりました。↓







『絵画の借景』−前沢知子−

 私の生家は天竜川の渓谷にあり、窓から眺める風景は、川霧で木々が見え隠れし刻一刻と変化していました。それは眺めることで、自然空間に霧と木々とで現れる「関係性の空間絵画」でした。
 ワークショップ「からだをいっぱい使っておえかきしよう!」(平成23年3月26日実施)で出来た素材を、作家の最低限の制作行為(トリミング)により平面150枚にし、うち66枚を構成し、自由に組替え可能な作品として展示しています。
 ワークショップでは床一面の巨大な紙の上で親子が全身でお絵かきし、描画行為の本質(原初的欲求/身体性)を体験しました。
 「発達と認知」「行為と環境/状況」「現象と場」など社会の「あらゆる関係性」が、媒体を通して空間要素と関わり、関係性の絵画空間「絵画の借景」が現れます。











2011.05.07 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode