田中 優さん講演会

 5月29日(日)に飯田市美術博物館2階講堂において、未来バンク事業組合代表の田中優さん講演会がありました。

未来バンク事業組合とは、市民から出資金を預かり、環境に配慮した商品を購入する人や、環境に配慮した事業を営んでいる人に、低利(年利3%)で融資を行っている非政府・非営利の市民団体です。





今、テレビや新聞で報道されない日はないくらい注目を浴びている原発事故や放射能汚染の問題を取り扱った講演だけあって、予想を上回る大人数の方が講演を聞きに来られました。

お子様連れの方も多く、会場の講堂がいっぱいになりました。
放射能汚染の問題は、私たちの問題だけでなく子供の将来に大きく影響する問題だからでしょう。
プラネタリウム前のロビーに、お子様連れの方達用の聴講スペースを設け、スクリーンで講演の様子がご覧いただけるようにしました。(今回初めての試みです。)



↑ 講演会の様子


まず、今回の震災による原発事故の現状を説明され、テレビや新聞では報道されない真実を知ることができました。

情報が氾濫し、あるいは情報が制限されたり訂正されたりする中、私達は何を信じ、何を食べ、どう過ごしたらいいのか、不安に陥ってしまいます。

田中 優さんはわかりやすい言葉で、世界の基準と比較しながら、私たちの疑問に思っていることを明らかにしていってくださいました。

具体的にはどうしたらいいのか、までお話していただき、漠然としたものが見えてきたように思います。
食料、エネルギーの問題は、何も国にお任せするしかない難しい問題ではなく、個人レベル、地域レベルで解決しうる問題であること、その活動はもう既に広まりつつあること、広めていくべき活動であると思いました。

講演の後の意見交換や質疑応答も活発で、みなさんの関心の深さがうかがえました。
雨の中、遠方より来て下さった方もいらっしゃいました。

★質疑応答の様子はコチラ

講演に来た多くの方が、放射能汚染の不安から解消され、未来に向けて歩みだされることを期待します。



↓ 以下は伊那谷自然友の会の会報(154号)に掲載された田中 優さん講演会についての記事




★残念ながら、田中優さんの講演会を聴講できなかった人、あるいはもう一度聞いてみたい方は、ココ


伊那谷自然友の会
のホームページはココ






2011.06.02 Thursday | イベントレポートtrackbacks(0)

被災地の資料修復へ(標本レスキュー)Part2 昆虫編

被災地の資料修復作業の植物標本レスキューも無事終わり、今度は昆虫標本レスキュー作業に取りかかっています。

植物標本レスキュー作業についての記事は下記参照↓

被災地の資料修復へ(標本レスキュー)


標本レスキュー,200点終了

陸前高田 標本レスキュー
段ボールに入って送られてきた昆虫標本

陸前高田 標本レスキュー 昆虫

なかには、かなりカビが生えてしまっているもの、胴体が欠けてしまっているものもあります。


カビの生えてしまっている昆虫標本のカビ取りをしなくてはなりません。
また海水に浸ってしまったものは、塩抜きもしなくてはなりません。



エタノールを薄めた液を筆につけ、丁寧にカビを取り除いています。

陸前高田 標本レスキュー 昆虫


陸前高田 昆虫標本修復 飯田市美術博物館
チョウや蛾の羽はとても薄いので、細心の注意が必要です。






塩エタノールを薄めた液で塩抜き、カビ取りした昆虫標本を乾燥させています。



細かい作業ですが、歴史的に見てとても大事な作業です。
飯田在住のボランティアの皆さんが手伝って下さるので助かります。


6月1日水曜日にNHK放送のイブニング信州にて、

「東日本大震災で被害を受けた陸前高田市の植物標本の復元作業を行う飯田市博物館の取り組み」


という内容で、生中継で放映されました。





2011.05.26 Thursday | 今日の美博trackbacks(0)

子ども美術学校初日

 今日は、子ども美術学校の初日。
生徒募集したところ、あまりにもたくさんの応募があったので、1クラスの予定だったのを急遽2クラスに増やして、合計64人の小学生が入学してくれました。

さて、入学式。飯田市美術博物館の井上副館長が挨拶しました。



絵の先生は、丸山陸雄先生です。化石や動物の剥製の周りに集まってお話を聞いています。





お隣のお友達の似顔絵を書き合います。








出来上がった絵に彩色していきます。



作品をみんなで鑑賞します。


作品を作ったり、美術館の中を探険したり。
毎回毎回、楽しかったと思ってもらえたらいいなと思います。


≪子ども美術学校スケジュール≫

      Aクラス  
Bクラス
 
 5 月
  21日(土)  22日(日)

 6 月  18日(土)  25日(土)
 
 7 月   9日(土)  16日(土)

 8 月   6日(土)  13日(土)

 9 月   4日(日)  10日(土)

10月   8日(土)  15日(土)

11月  19日(土)  26日(土)

★作品展(市民ギャラリーにて)

2012年3月20日(火)〜25日〈日)







2011.05.21 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

水野茂生水墨画教室合同作品展

 5月17日(火〉〜22日(日)まで、飯田市美術博物館一階市民ギャラリーにおいて、水野茂生水墨画教室第13回合同作品展が開催されています。


東野教室、毛賀教室、上溝教室、サントピア教室、駄科教室、羽場教室のそれぞれの教室の生徒さんの水墨・墨彩画の作品を約40点展示。


今回の展示会のテーマは、「風景」です。




講師の水野茂生先生の作品「下町風情」
スケッチした風景画が水墨画へ出来上がっていく過程を説明してくださっています。





これが、元になるスケッチ。



スケッチを元に墨絵にします。




細かい部分は略して全体をスピーディーに仕上げます。
それによって筆の勢いや適度なにじみが生まれ、強弱の中にやわらかさが表現されます。

この説明を参考にして、他の生徒さんの作品を見てみると、なるほどみなさん、筆の勢い、にじみ、かすれを上手に使って表現していらっしゃいます。

おなじみの景色も水墨画になると、とても風情があります。

水野茂生水墨画教室では、水墨画に興味があり、自分で描きたいと思っていらっしゃる方、楽しみながら描きたいと思っていらっしゃる方、初心から上級まで、一緒に水墨画を描きたい人を募集中です。

ぜひお気軽に市民ギャラリーまでお越し下さい。











2011.05.19 Thursday | 今日の美博trackbacks(0)

被災地の資料修復へ(標本レスキュー)

現在、飯田市美術博物館では、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市の陸前高田市立博物館が所蔵する植物標本の修復作業を、当館専門研究員の蛭間 啓が中心となって伊那谷自然友の会などボランティアの方と共に進めています。



中には100年前の植物標本もあり、貴重な資料を修復し、自然界の探究に傾けた先人の情熱を後世に残そうと、全国の24施設の植物専門家が洗浄作業に乗り出しています。

陸前高田市立博物館の被害の様子等はクリック陸前高田標本レスキュー


被災から約2ヶ月も経っているので、泥や海水に浸かってしまった植物標本にはカビが生えかけています。



泥だらけになった標本→




                        ↑右下にカビが生えています。




標本をビニール袋から取り出し、しばらく水につけて置くと、このように標本が剥がれて浮いてきます。
泥がついているものは、筆でそっと泥を取り除きます。



飯田市美術博物館が預かった標本は約200点。
水に浸して、海水の塩分を取り除いています。
どんどんカビが生えていくので、まだ作業に取りかかっていない標本は冷凍庫で凍結してあります。



ピンセットでそっと台紙から剥がします。



破れないように注意して、さっと水から引き上げます。


新聞紙に広げて、形を整えます。


    
無事にレスキューされた植物標本。
新聞紙に挟んで水気をきった後は、館内の送風乾燥器で十分乾かし、薫蒸して害虫駆除をします。







貴重な資料です。このように残ることが出来たのも標本一枚一枚、ビニール袋に入っていたからでしょうか?


こんな形で飯田市美術博物館が震災地のお役に立てることを誇りに思います。
植物標本の作業は、しばらくかかりそうです。
きれいに修復が完了したら、またブログで紹介しますね。



■各地で進められている被災地の文化財レスキュー

クリック北海道大学総合博物館の昆虫標本レスキュー






2011.05.12 Thursday | 今日の美博trackbacks(0)

平成23年度子ども科学工作教室のお知らせ

 平成23年度子ども科学工作教室第1回「3極モーターを作って自動車を走らせよう!」
を下記の要領で開催します。



★日 時:6月4日(土)午前9時45分〜午後3時

★会 場:飯田市美術博物館 2階科学工作室

★受講料:1000円(教材費)

★募集定員:45名(小学4・5・6年生)

★持ちもの:筆記用具、昼食、水筒(持ち物にはすべて記名のこと。)
     ※工具は美博に準備してあります。

★申し込み方法

往復ハガキかEメールに「住所・氏名・学校・学年・電話番号」と「科学工作教室受講希望」と明記し、5月26日までに下記までお送り下さい。

  ■往復ハガキ⇒〒395-0034 飯田市追手町2丁目655 
                     飯田市美術博物館宛
   ※返信用ハガキには何も記入しないこと。

  ■Eメール⇒bihaku@iida-museum.org
   ※メール送信されて2日たっても美博より受付返信がない場合は、
    電話でお問い合わせ下さい。

  ■応募者が定員を超えた場合は、抽選により受講生を決定し通知します。


≪お問い合わせ≫飯田市美術博物館 0265-22-8118




クリック 昨年度の様子




ご案内


子ども科学工作教室について

 子ども科学工作教室は、地域工業の発展を担う子どもたちの育成を目的に、1993年から飯田市と伊那テクノバレー地域センターの呼びかけにより始まりました。
 教室は年4回、飯田市美術博物館で開催し、飯伊地域の小学生(4年〜6年)を対象に協力企業のボランティアが指導にあたり、毎回定員を上回るほどの応募があります。
 発足当初からご指導・ご協力いただいている地元企業11社で構成する「子ども科学工作教室推進研究会」は、長年の功績から、2004年11月に「信州日報文化賞」、2005年1月に「飯田市ムトス賞」、同年4月には「文部科学大臣表彰科学技術賞」の理解増進部門で受賞するなど、地道な活動が評価されてきています。

子ども科学工作教室推進研究会参加企業(11社)

・TDK飯田(株)  
・多摩川精機(株)   
・シチズン平和時計(株)  
・KOA(株)
・三菱電機(株)  
・オムロン飯田(株)  
・旭松食品(株)        
・(株)天龍
・日進精機(株)  
・夏目光学(株)    
・中部電力(株)  



子ども科学工作教室の今後の予定

9月3日(土)  「ソーラーカーを作って走らせよう!」 クリック 昨年度の様子

11月5日(土) 「天体望遠鏡を作ろう!」 クリック 昨年度の様子

1月28日(土) 「ロボットを作ろう!」 クリック 昨年度の様子

 





2011.05.12 Thursday | お知らせtrackbacks(0)

中日写真協会飯田支部写真展―市民ギャラリーにて

 

5月10日(火)より、飯田市美術博物館市民ギャラリーにおいて、中日写真協会飯田支部写真展が開催されています。

飯田・下伊那地方の自然や伝統行事を撮影した写真やその土地で生きる人々の写真等、57点が展示されています。

中日写真協会は、中日新聞社が昭和23年に設立した会員組織の写真団体です。
中部各県下の写真好きな会員(初心者からベテランまで)が、本部、支部で熱心に活躍しています。

こうやって写真で見ると、飯田・下伊那地方って、お祭りや伝統行事が豊富ですね。
後世にも伝授していきたいものです。











2011.05.10 Tuesday | 今日の美博trackbacks(0)

ハヤブサのパネル展示

5月7日(土)より飯田市美術博物館プラネタリウムでは、HAYABUSA Back to the Earthを投影中です。

小さいお子様用には宇宙ペンギン、小学生くらいからお子様にはエコとロジーのわくわく太陽系めぐり、も投影しています。

★5月7日からの投影スケジュールと番組案内はココ


プラネタリウムのロビーでは、ハヤブサのパネル展示をしています。
飯田お月見天文同好会の平沢さんの手作りの模型も展示。



5月8日は宇宙をのぞこう!の日。
子供たちが熱心に平沢さんのお話に耳を傾けています。



今夜の宇宙をのぞこう!は、春の星座と土星を天体望遠鏡で見てみるそうですよ。
宇宙ステーションも見えるそうです。




(参考)宇宙ステーションの飯田での見え方 ←クリック


また、国立天文台のホームページでは、今日のほしぞらのページで長野県で見える星を紹介されています。
飯田の空は美しく澄んでいるので、星が良く見えますよ。

今日のほしぞら ←クリック



HAYABUSA Back to the Earthは、6月末までの投影です。
HAYABUSA Back to the Earth
のみ、特別料金となりますのでご了承下さい。。)


HAYABUSA Back to the Earth 予告編



はやぶさ 飯田市美術博物館
↑HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- オフィシャルページへ

はやぶさ 飯田市美術博物館 プラネタリウム
↑HAYABUSAに関するJAXA(宇宙航空研究開発機構)のサイトへ







2011.05.08 Sunday | 今日の美博trackbacks(0)

組替え絵画−私たちの作品を見てください−

 組替え絵画/私たちの作品を見てください
−66/150 飯田市美術博物館にて 2011−

3月26日(土)に飯田市美術博物館で行われた前沢知子(現代美術作家)さんのワークショップ、
「からだをいっぱいつかってお絵かきしよう」で子どもたちが作り上げた作品が、組み替え絵画として生まれ変わって、ロビーに展示中です。


↑ワークショップの様子(詳細記事はコチラ


こうやってみんなで作った作品が、こうなりました。↓







『絵画の借景』−前沢知子−

 私の生家は天竜川の渓谷にあり、窓から眺める風景は、川霧で木々が見え隠れし刻一刻と変化していました。それは眺めることで、自然空間に霧と木々とで現れる「関係性の空間絵画」でした。
 ワークショップ「からだをいっぱい使っておえかきしよう!」(平成23年3月26日実施)で出来た素材を、作家の最低限の制作行為(トリミング)により平面150枚にし、うち66枚を構成し、自由に組替え可能な作品として展示しています。
 ワークショップでは床一面の巨大な紙の上で親子が全身でお絵かきし、描画行為の本質(原初的欲求/身体性)を体験しました。
 「発達と認知」「行為と環境/状況」「現象と場」など社会の「あらゆる関係性」が、媒体を通して空間要素と関わり、関係性の絵画空間「絵画の借景」が現れます。











2011.05.07 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

ゴールデンウィーク・プラネタリウム無料投影!

 
                       ↑3月26日のオープニングセレモニーの様子


リニューアルオープン以来、毎日たくさんの方が飯田市美術博物館の新しいプラネタリウムを観に来てくださっています。

まだデジタルプラネタリウムの迫力と美しさを体験されていない方、この連休は、無料でプラネタリウムがご覧になれる最後のチャンスです。






★5月5日までの投影スケジュールと番組案内は、ココ

「プラネタリウムなんて何年ぶりかしら。」という方もいらっしゃいます。
「子どもが小さい頃はよく連れてきたけれど、もう大きくなったから・・・・」と、プラネタリウムは子供のための施設だと思っていらっしゃったようです。

リニューアルした今度のプラネタリウムは子どもだけでなく、大人も楽しめるような番組編成を考えています。
小さな子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に楽しんでいただけるようなプラネタリウムづくりを目指しています。


連休明けの5月7日(土)からは、小さいお子様用には宇宙ペンギン、小学生くらいからお子様にはエコとロジーのわくわく太陽系めぐり、小学校高学年から大人用にHAYABUSA Back to the Earthをご用意いたしました。(画面をクリックすると、HAYABUSA Back to the Earthの予告編が始まります。音量にご注意下さい。)


HAYABUSA Back to the Earth 予告編


はやぶさ 飯田市美術博物館
↑HAYABUSA -BACK TO THE EARTH- オフィシャルページへ

はやぶさ 飯田市美術博物館 プラネタリウム
↑HAYABUSAに関するJAXA(宇宙航空研究開発機構)のサイトへ



★5月7日からの投影スケジュールと番組案内はココ

HAYABUSA Back to the Earthのみ、特別料金となりますのでご了承下さい。






2011.04.29 Friday | お知らせtrackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode