スクープ! 胎内仏発見?

借用物の返却行脚が続いております。

昨日はあいにくの天気でしたが、今日は天候にも恵まれ、
しかも日中は穏やかな陽気。



いつもならこの時期、雪が降ってもおかしくないのですが、
いちばん雪が心配された地域での返却を終えて少しホッとしています。
まだ神仏の御加護が効いてるようです。

ところで、今朝の返却で、偶然にも珍しいものを発見
調査の時にはどうしても外すことができなかったお像の光背が外れたため、これまで誰も拝することが叶わなかったお像の後ろ側をみることができました。



↑桃というか、逆ハート型の覗き穴。
ここからホトケさまの後頭部? らしきものがみえます。
どこのなんというお像なのは、過去のブログをご覧いただいて、
あるいは図録をご購入いただいて、探し当ててみてください



とりあえず今日の報告はここまで(つづく。ただし次回とは限りませんが…)。

2013.12.11 Wednesday | 今日の美博trackbacks(0)

カラッポになった展示室

昨日で特別展が終わり、今日は片付け。

お借りしてきたカミさまホトケさまのお像はすべて段ボール箱に収納。


↑カミさまホトケさま、しばしのご辛抱を…

↓一日で展示室の中はカラッポになってしまいました。



明日から借りてきたものをお返しに歩く日々がはじまります。

2013.12.09 Monday | 今日の美博trackbacks(0)

展覧会終了。ありがとうございました。でもブログは続きます。

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

11月10日からはじまった展覧会も今日で終わりです
いろいろひっくるめてで恐縮ですが、皆さま本当にありがとうございました

思うことは山ほどありますが、
事業報告としてきちんとまとめなければいけないことだったり、
ブログに書くほどでもなかったりするので、
とりあえず今はっそりと心の内にとどめておきます




↑カミさまホトケさま、本当にお疲れさまでした。
でも元の場所にお帰りいただくまでいましばらくご辛抱お願いします。

ミもフタもないようなハナシですが、展覧会の終了といっても淡々としたものです。
気が付くと終了時刻の17:00を迎え、展示室のシャッターが閉まっておしまい
だいいち担当者的には、会場での展示が終わっても、
また次のステージに向けてすぐに気持ちを切り替えなければなりません。

明日からは展示会場の片付けと展示物の返却行脚です。
これが済むとようやく事業としての展覧会は終了です。
ただし支払いなどの事務手続きは残りますが。
それらが全部終わる頃には気が抜けて、
カラダの調子が悪くなったりするのが例年のパターン。

でも、それらが全部終わればすべてが終了、ってわけでもありません。
そこから新しい展覧会や論文のネタが生まれていったりと、
次のステージが待っていからです。

およそ二ヶ月間続けてきた展覧会関係のブログも今日でおしまい?
にしたかったのですが、担当者的にはまだ展覧会は終わっていないので、
展示物を全部お返しするまでは気まぐれに投稿しようかと思いますので、
懲りずにもうしばらくお付き合いをお願いします。
というわけで、
ブログは続けます。

2013.12.08 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

明日は展覧会最終日

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

ついにこの展覧会もあと残り1日
「運命の最終日!」「明日が天王山!」

なんて大げさなものじゃありませんが、
やっとここまできたか、という穏やかな心持ちです。

さて、最後の展示解説を次の予定で行います。

10:30〜
14:00〜

所要時間はそれぞれ1時間くらいです。
つたない説明ですが、それでも解説を聞いて、
展覧会の中身がよくわかったというお声を頂戴しています。
説明を聞くのは興味のあるところだけでかまわないので、
ぜひご参加ください。

風邪がズルズルと長引き、が詰まってしづらい(苦しいダジャレ)状態ですが、
なんとか頑張ります。
最後まで応援よろしくお願いします


↑展覧会が終わったら寂しくなるなあ。
葉っぱがすっかり落ちてしまったこの木みたいに。




2013.12.07 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)

展覧会終了まであと2日

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

この展覧会もついに最期の終末
いや、最後の週末を迎えてしまいます。

担当者的には、展覧会は、
無事に終えることが”有終の美”を飾ることだと思っていますが、
閉幕を惜しむ観覧者で館内がにぎわって、
ハッピーな気分のまま閉幕の余韻に浸りたいものです。

一刻も早く展覧会が終わって身軽になりたい気持ちもありますが、
もうちょっと期間を延長してもいいかな〜っていう気分になるくらい、
にぎやかな週末になってほしいです。


↑看板類の撤去方法を思案中。

2013.12.06 Friday | イベントレポートtrackbacks(0)

展覧会終了まであと72時間を切りました

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)


今日も所蔵者の方々など、関係者のみなさんが続々ご来館されました。

いよいよ展覧会も終わりです。

本当にあっという間でした。

って、まだあと3日残ってるんですけど…。

週末に飯田に行こうとご検討中の皆さまへ繰り返します。

・新宿高速バスターミナル→飯田駅前(高速バスでおよそ4時間) 
・JR名古屋→飯田駅前(高速バスでおよそ2時間
・飯田駅→博物館まで(週末はぜひ電気自動車「プッチー」に乗ってお越しください)

「プッチー」の情報→
http://blog.iida-machinaka.com/?eid=1320895


その気になれば日帰りも可能ですが、この寒い時期、温泉に浸かるのもいいでしょう
そして、博物館で暖を取るのも一興でしょう。

お出かけは、ぜひ信州飯田へ。

展覧会終了まで、残り72時間を切ってしまいました。

ゴールまであとひと息。

2013.12.05 Thursday | イベントレポートtrackbacks(0)

展覧会終了まであと残り5日

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)


11月から始まった展覧会もあと残りわずか。
気付いたらあと5日で終わりなんですね。

このブログを今日の17:30前後にアップロードするとなれば、
閉館時間の8日日曜日17:00まであとり120時間くらですか。

とても飯田までは遠くてムリだ、という皆さん、
新宿からは高速バスでおよそ4時間
名古屋からだと高速バスで2時間です。
その気になれば日帰りも可能です。
でも早く予約をしないと席が埋まってしまいます。

信州飯田へのプチ旅行、観覧料は大人1人500円だし高速バスを使えばさらにリーズナブル
そして、お小遣いが残ったら、図録(1800円)をお買い求めください

さあ、あと残り120時間を切りました。
急いで今週末の予定を立てましょう


↑カミさまとホトケさまたちがお待ちです。


2013.12.03 Tuesday | - | trackbacks(0)

本ブログの反応

特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

特別展に関わるブログを書きはじめてよそ2ヶ月
それ以前とくらべてウナギのぼり…とまではいかないまでも、
牛歩のごとく着々とアクセス数を伸ばしてきました。

さて、今日は、わざわざブログをみて大阪から駆けつけたという女性がご来館。
他にも「ブログ読んでます!」という方とお会いしたりして、
うれしいやら、こっ恥ずかしいやら

でも、ブログを続けてきた甲斐があったな〜
、と改めて実感。

書き手が思う以上にブログが読まれている、ということを知り、
もっと気を引き締めて取り組まなければ!
などと一瞬思ったのですが、これで内容や文体がガラッと変わってしまったら、ちょっとキモチ悪いかも

だから、これまでと変わらず与太話のごとくユルいブログを続けようかと思い直した次第。


↑昨日の見学会の続き
鳩ヶ嶺八幡宮(飯田市八幡町)にあった、
神宮寺の数少ない痕跡だそうです。

しかし、これは展示できない





 

2013.12.01 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

見学会無事終了

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

おかげさまで好天に恵まれ
無事に神仏習合の地をめぐる見学会を終えることができました。



鳩ヶ嶺八幡宮→愛宕稲荷神社→瑠璃寺→白山社

と4箇所まわったのですが、参加者の皆さんのご協力もあって、
予定よりも1時間早く終了してしまいました。
そこで、残った時間で展示解説。

ぼくはすでにクタクタでしたが、やはり人生の大先輩がたは体力あるなあ。


全面的に助けていただいた瑠璃寺のみなさん、本当にありがとうございました

しかしどこへ行っても、
モミジの赤じゅうたんイチョウの黄色いじゅうたんが見事でした。





2013.11.30 Saturday | - | trackbacks(0)

明日は神仏習合の見学会

 特別展「カミとホトケの交渉史―廃仏毀釈の爪跡―」
 平成25年11月10日(日)〜12月8日(日)

南アルプスは冠雪し、辺りの木々はほぼ落葉。
昼食時も雪がパラついたりと、ここ伊那谷はすっかり冬の装い

そんな時期にムリしなくても…
と思われる方もおられようかと思いますが、
明日、神仏習合の故地を巡る見学会を開催します。

しかし、風邪でダウンして見学会をキャンセルする方が続出。

私めも病み上がりゆえ、風邪がぶり返しはしないかとやや心配ですが、
メンバーの平均年齢を思えばそうも言ってられない。

っていうか、70歳以上の方々の方が元気なようです。



昼間もそんな元気な世代の方々が来館してくださり、
江戸時代の資料を持ってきてくださいました
たまたま解りやすい内容の資料だったのでひと安心。

しかし、元気な人生の大先輩たちは、好奇心も旺盛ですね
ぼくも好奇心では引けを取らないつもりですが、
残念ながら
体力で負けてるみたい…。

2013.11.29 Friday | イベントレポートtrackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode