風雅の町・飯田4―菱田春草と日本画―

本日2月5日より展示開催しています。

詳細は⇒風雅の町・飯田4―菱田春草と日本画―


また、展示期間中、年間パスポート会員限定企画の第9回美術鑑賞の会を下記の通り開催します。
 

「第9回 美術鑑賞の会」

日時:2月18日(金)  午後5時30分〜7時

飯田市美術博物館の展示室に陳列中の作品を前にしながら、各テーマをクローズアップして鑑賞する「美術鑑賞の会」の第9回目です。
今回は、平常展示「風雅の町・飯田4−菱田春草と日本画」より、山水画の鑑賞のおもしろさについて、菱田春草をはじめ郷土作家の作品を題材にしてお話しします。
会員の方はもちろん、会員でない方もこの機会にお得な年間パスポートを購入され、ぜひご参加下さい。

講  師:槇村 洋介(当館学芸員)
場  所:美術博物館2階講堂・展示室 B

※定員20名
要申込み⇒2月17日までに美術博物館(22-8118)へお申込み下さい。

◆お得な年間パスポートの詳細はこちら◆


★お知らせ★

期間中、飯田市美術博物館にお越しの方は、菱田春草カレンダー2011年度版が定価1000円のところ、
半額の500円にてご購入いただけます。
今回展示中の蓬莱山等も収録されています。
受付にて販売しております。ご来館記念にいかがでしょうか?

菱田春草 飯田市美術博物館
菱田春草「蓬莱山」(双幅)  明治43年(1910) 絹本著色 各幅95.5×35.0


★さて、明日2月6日の予定ですが、午前10時からは市民ギャラリー抽選会
午後1時半からは、「信濃の歴史講座」の第3回「信濃の近世」が開催されます。

詳細⇒市民ギャラリー抽選会



「信濃の歴史講座」

第3回 「信濃の近世」

日時:2月6日(日)13:30〜

会 場:飯田市美術博物館 2階講堂


テーマ:「秋葉信仰の神像〈迦楼羅〉の系譜」   塩崎正さん(県立歴史館学芸部長)
     「獅子の信仰とそのかたち」        織田顕行(美博学芸員)

 ※申込み不要 受講無料


寒さも少し和らいできたような気がします。
皆様のお越しをお待ちしております。







2011.02.05 Saturday | お知らせtrackbacks(0)

風雅の町・飯田4―菱田春草と日本画―準備中!

現在、展示準備のため、休館中の飯田市美術博物館。
2月5日(土)から展示公開の風雅の町・飯田4―菱田春草と日本画の展示作業が着々と進んでいます。


その様子をこっそりお見せします。

何もない状態の展示室。



これから展示する軸物を並べていきます。
奥の写真は菱田春草です。

丁寧に作業しています。




飯田市の表具屋さんに来てもらい、表装をお願いしています。






力作業を終えて、ほっと一息。

写真で見るのとは違って、本物の色をしっかりこの目でお確かめいただける良い機会です。

風雅の町・飯田4―菱田春草と日本画―は、2月5日から3月6日まで展示しています。

江戸時代に佐竹蓬平や鈴木芙蓉、明治期に菱田春草と、多くの画家を輩出した町・飯田は、古くより書画の鑑賞や和歌・漢詩の愛好など、風雅な文化が好まれた土地でした。

なかでも書画愛好は大変に盛んで、鑑賞家や収集家も数多く生まれています。
また、近隣には名勝地・天龍峡を擁することもあって、幕末期以降には多くの書画家や文学者がこの町を訪れ、当地の人々と交流しながら様々な作品を残してゆきました。

飯田の町で親しまれた風雅な文化の諸相をお楽しみください。

みなさまのご来館を心よりお待ちしております。


詳細は⇒風雅の町・飯田4―菱田春草と日本画―










2011.02.03 Thursday | 今日の美博trackbacks(0)

臨時職員(学芸補助専門員)募集のお知らせ

平成23年度飯田市美術博物館職員の募集を次のとおり行います。

 

 

1、職  種   学芸補助専門員(臨時職員)

 

2、採用予定人数 1名

3、採用予定   平成23年4月1日付

4、応募資格

学芸員の資格を有するか取得をめざしており民俗学に関して十分な知識を有する者。

※次のいずれかに該当する者は、応募できません
ア 成年被後見人および被保佐人
イ 禁固以上の刑に処され、その執行を終わるまでまたはその執行を受けることがなくなるまでの者
ウ 飯田市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
エ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した者


受験資格がないことが判明した場合は合格を取り消します。また、申込記載事項が正しくないことが判明した場合は、合格を取り消すことがあります。

 


5
、選考方法
  

一次選考  書類および論文等による選考
         ※結果は3月5日頃までに全員に文書で通知します。

二次選考  面接日 3月12日(土)
         ※面接会場、面接時間については一次選考の通過者にのみ通知します。

 


6
、最終合格発表 3月16日(水)頃までに合格者に連絡します。


7、雇用内容

(1)就業場所 飯田市美術博物館 学芸係
(2)雇用期間 臨時4月1日〜9月30日 6ヶ月期限付再任用
(3)業務内容 人文分野の学芸補助業務(民俗の調査、研究、民俗報告書の編集、及び館の業務)
(4)就業時間 8時45分〜17時30分(うち休憩時間60分)
(5)休  日 月平均10日程度(20.5
日勤務)
       
週休2日(月曜日+1日)  
       
年間有給10日程度、忌引きあり
(6)賃金形態 月給制 支払日は原則毎月21

7)賃 額  月額  166,050円(日額8,100円 20.5日勤務)
         賞与あり(飯田市の規定)
        通勤手当は片道2勸幣紊砲弔い道抖
(8)保  険 社会保険、雇用保険
(9)公務員法遵守 公共の利益のために奉仕、守秘義務、政治的行為の制限。 
 



9、応募方法  

以下の提出物を飯田市美術博物館(〒395-0034長野県飯田市追手町2-655-7)まで提出して下さい。
       (1)市販の履歴書
      
(2)業績一覧
      
(3)論文(複写可)
      
(4)返信用封筒(80円切手を貼付してください)

※郵送する場合は、封筒に入れ、表に「職員採用応募」と朱書きして下さい。
 
   



9、募集期限 平成23年2月28日(月)必着

 


10、お問合せ先 
       
             
飯田市美術博物館
       
395-0034 長野県飯田市追手町2-655-7
           
TEL 0265-22-8118
          
 
     お電話でのお問い合わせは8451730の間(火〜日曜日 ※月曜日休館)にお願いします。









2011.02.01 Tuesday | お知らせtrackbacks(0)

第4回 子ども科学工作教室「ロボットを作ろう!」

今日は、子ども科学工作教室の日です。
音に反応して動くロボットを作りました。
講師は、KOA蠅硫田敏光さん、シチズン平和時計蠅涼翳神技屬気鵝■圍庁望影皚蠅虜箘羚Ч圓気鹵。
他にも指導企業として、オムロン飯田蠅簑針狎鄒叉´蠅覆媛奮惺作教室推進研究会参加企業の皆さんも応援に来てくださいました。
毎回子どもたちのサポートをして下さる飯田工業高校のみなさんも今回も大勢来て下さいました。(写真下)
飯田工業高校 ロボット 飯田市美術hakubutukan

なんと飯田工業高校は、今朝のNHK総合朝6:40からの「おはよう日本」という番組で、「就職率100%! 遊び心で”もの作り”長野県 飯田市〜」という題で、 全国(生中継)に紹介されたそうです。
朝から収録を終えて来てくれたそうです。

今回の参加生徒数は、小学校4・5・6年生合わせて50名。
飯田市美術博物館の井上副館長のお話に続き、自然部門学芸員の坂本さんが講師紹介、日程説明や諸注意をお話しました。


さて、いよいよ箱を開けて部品の確認です。

飯田市美術博物館 子ども科学工作教室    センサーロボット 子ども科学工作教室 飯田市

とても細かい部品がいっぱいです。
今回の作業で一番の難関は、はんだ付け作業。
高熱なので、やけどしないよう細心の注意を払います。
飯田工業高校のお兄さんが手伝ってくれるから安心です。

はんだ付け ロボット 飯田市美術博物館お兄さんの手元をじっと観察。


間違っても手直ししてくれます。


どうして動かないのかなぁ?


あっ、動いた、動いた!


みんなですもう大会!

声や手拍子に反応して、ちょこちょこ動きます。(とても賑やか!)
なかなか力もありそうです。
みんなの顔にやっと笑顔があふれました。
作っている時は、とても真剣でしたからね。
難しかったけど、最後まで作り上げることができて満足そうです。


今回作ったのは、これです。

ロボット 手作り 子ども科学工作教室


お手伝いに来てくださった地元企業の方々、飯田工業高校のみなさん、ありがとうございました。



ご案内

子ども科学工作教室について

 子ども科学工作教室は、地域工業の発展を担う子どもたちの育成を目的に、1993年から飯田市と伊那テクノバレー地域センターの呼びかけにより始まりました。
 教室は年4回、飯田市美術博物館で開催し、飯伊地域の小学生(4年〜6年)を対象に協力企業のボランティアが指導にあたり、毎回定員を上回るほどの応募があります。
 発足当初からご指導・ご協力いただいている地元企業11社で構成する「子ども科学工作教室推進研究会」は、長年の功績から、2004年11月に「信州日報文化賞」、2005年1月に「飯田市ムトス賞」、同年4月には「文部科学大臣表彰科学技術賞」の理解増進部門で受賞するなど、地道な活動が評価されてきています。

子ども科学工作教室推進研究会参加企業(11社)
・TDK飯田(株)  
・多摩川精機(株)   
・シチズン平和時計(株)  
・KOA(株)
・三菱電機(株)  
・オムロン飯田(株)  
・旭松食品(株)        
・(株)天龍
・日進精機(株)  
・夏目光学(株)    
・中部電力(株)  


《今後の予定》

2011年度も年4回行う予定です。
日程は未定ですが、各回で募集のチラシをお配りします。
またホームページ等でもお知らせしますので、小学4・5・6年生のみなさんのご参加をお待ちしています。

お問い合わせは、飯田市美術博物館 子ども科学工作教室係 電話22−8118まで





2011.01.29 Saturday | イベントレポートtrackbacks(0)

動きました!

光学式のプラネタリウムが科学工作室の前に設置されました。
昨日に続いて、まだ工事が進んでいます。

昨日の様子⇒http://info.iida-museum.org/?eid=40


今日は、なんとそれが動くようになったのです!


これが完成した光学式プラネタリウム。
プラネタリウム 飯田市美術博物館

20年以上の年季を感じさせないくらい、きれいな機械です。
この機械をみなさんがリモコンで操作できるように工事をしたのです。
プラネタリウムをより身近に感じていただけると思います。



プラネタリウム 飯田市美術博物館

飯田市美術博物館自然部門学芸員の村松さんがコニカ・ミノルタの方から使い方を教わっています。
もうちょっと手を加えて(表示シールを貼ったりして)、みなさんに光学式プラネタリウムの機械のしくみがわかるように工夫したいと思います。
公開までもう少しお待ちくださいね。


さて明日は、子ども科学工作教室の日。
音に反応して動くロボットを作ります。
ロボット好きのお子さんがこの光学式プラネタリウムを見たら、動かしてみたくなってウズウズするかも。
でも、まだ触らないで下さいね。

インフルエンザが流行っています。
明日、参加される人は、マスクを忘れずに。
受付でも手指の消毒薬を用意していますので、ご協力下さい。











2011.01.28 Friday | 今日の美博trackbacks(0)

プラネタリウム・リニューアル工事−★中間報告★−

 飯田市美術博物館 プラネタリウム

飯田市美術博物館2階の科学工作室の前のスペース。

ただ今休館中の美術博物館ですが、なんだか今日は朝から人がいっぱい・・・賑やかです。



何やら重そうな機械が運ばれてきました。


プラネタリウム 飯田市美術博物館

昔、流行したルームランナーに似てますが・・・・・?ルームランナー 飯田市美術博物館




飯田市美術博物館の井上副館長(写真右)が見守る中、組み立て工事がすすみます。




もうおわかりですね?










22年間稼動してくれた、あの光学式プラネタリウムがここに再現しました。


プラネタリウム 飯田市
ほぼ完成!

あとは細かい部品をつけていきます。


  

さて、古い光学式プラネタリウムは、こうして科学工作室の前のスペースに設置されることになりました。

では、新しいデジタル式のプラネタリウムの工事の進行状況はどうなっているかな?


それは、また後日に報告いたします。お楽しみに!

 

3月26日、27日は、プラネタリウムリニューアル記念行事を予定しています



関連記事

たくさんのご来場ありがとうございました

いよいよ来週でお別れ

さようなら光学式プラネタリウム




★飯田市美術博物館では、光学式プラネタリウムの思い出話を募集中です。
まだ間に合います!


思い出話募集!

プラネタリウムにまつわる思い出を書いてください

★400字詰め原稿用紙一枚程度。(原稿用紙は飯田市美術博物館に置いてあります。)
★書き終えましたら、お手数ですが、飯田市美術博物館受付までお持ち下さい。(粗品贈呈)
★締め切りは、2011年4月30日





2011.01.27 Thursday | 今日の美博trackbacks(0)

第4回 やさしい仏像のみかた「仏像百態」

大仏 仏教文化講座 やさしい仏像のみかた 仏像百態シリーズの最終回が本日23日に飯田市美術博物館2階講堂で行われました。

最終回の今日のテーマは「仏像鑑賞の要点」。
過去3回の講座で取り上げた、仏像のポーズ(立ち方、座り方)や仏像の色など個別のテーマの総まとめです。
講師は、当館学芸員の織田顕行です。

53名もの参加者で、会場の講堂はほぼ満杯。
ここ数年の仏像ブームも影響してか、今回は若い方の参加も目立ちました。



仏像 飯田市美術博物館



仏像 飯田市美術博物館


普段なにげなく見ている仏像でしたが、立ち方や座り方、足の組み方、手の位置、手のかたち、持ち物には、アジアの民俗の風習や仏教思想を反映しているのだそうです。

今度仏像を見る機会があれば、今回の講座で学んだことを参考にしてみると面白いだろうなと思いました。

来月も当館学芸員織田の講座(信濃の歴史講座)がありますので、ぜひご参加下さい。



信濃の歴史講座(全3回)

第3回 「信濃の近世」

≪テーマ≫

・「秋葉信仰の神像〈迦楼羅〉の系譜」  塩崎正さん(県立歴史館学芸部長)

・「獅子の信仰とそのかたち」             織田顕行(美博学芸員)


日時:2月6日(日)午後1時30分〜4時
場所:飯田市美術博物館 2階講堂
主催:飯田市美術博物館
共催:長野県立歴史館

※申込み不要 受講無料





2011.01.23 Sunday | イベントレポートtrackbacks(0)

第15回「伊那谷自然史発表会」研究発表者募集!

小学生から大人まで、伊那谷の自然好きが顔をそろえる発表会、「伊那谷自然史発表会」が今年で15回目を迎えます。

今年の発表会開催日時は、3月13日(日)午前10時〜午後5時(予定)。

伊那谷自然友の会と共催で行います。

一年間温めてきた調査・研究発表の他、テーマを持った写真の発表、海外旅行や登山の報告などを自由にみんなの前で発表してみませんか?

発表申込み締め切りは、2月19日(土)必着

クリック伊那谷自然友の会



■お申し込み方法

下記の事項をすべて記入し、郵送、FAXまたはEメールにてお申込みください。


1、発表者(団体)名

2、発表者(団体発表者)住所・電話・(あればFAX,Eメールアドレス)

3、発表タイトル

4、発表の形式(口頭発表、ポスター発表、口頭・ポスター両方のどれかを選択。)

5、口頭発表の場合は、スライド、OHP,プロジェクター等の使用機材もお知らせ下さい。


矢印あて先

郵送、FAX、Eメールにて受付。

⇒郵送の場合・・・・〒395-0034 飯田市追手町2-655
                               飯田市美術博物館 蛭間(ひるま)宛

⇒FAXの場合・・・・0265-22-5252

⇒Eメールの場合・・ic90278@city.iida.nagano.jp

※なお、発表者には追ってA4一枚程度の要旨を提出していただきます。



前回の様子はこちら→クリック第14回 伊那谷自然史発表会 





自然 飯田市美術博物館自然部門で編集した地域史研究事業ニュースレター「HEUREKA! INADANI(ユリーカ!イナダニ)」をご存知ですか?

今月号では、平成21年度地域史研究概要や平成22年度の研究協力者、研究テーマ一覧等を掲載しています。

クリック 「HEUREKA! INADANI(ユリーカ!イナダニ)」vol.7

※HEUREKA!は、ギリシャ語で「みつけた」という意味。
アルキメデスが風呂に入ってて王の冠の金の純度を調べる方法を思いついた時に叫んださけんだ言葉として有名です。



※バックナンバーはこちら↓
HEUREKA! INADANI Vol.1Vol.2Vol.3Vol.4Vol.5Vol.6

クリック地域史研究事業って?






2011.01.19 Wednesday | お知らせtrackbacks(0)

市民ギャラリー抽選会のお知らせ

飯田市美術博物館内の市民ギャラリーは、自然、人文、美術および広く文化芸術に関する創造活動の発表の場として、飯田下伊那地域に住所を有する個人あるいは団体が使用できるギャラリーです。

ギャラリー使用期間は、一件につき6日間。
希望者の方全員が市民ギャラリーを発表の場として活用していただけたら良いのですが、希望者の方があまりにも多く(この地域は芸術に関心のある方々が多いのでしょうね。)、毎年抽選で市民ギャラリー利用者を決めています。

さて、その抽選会が、来たる2月6日に開催されます。
年に一度の抽選会です。
昨年外れてしまった方や、今年こそはぜひ!と思っている方、チャレンジしてみませんか?


市民ギャラリー 飯田市美術博物館
                                                   
↑市民ギャラリー



 市民ギャラリー使用予約抽選会 
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚**☆*゚*☆

≪申込み・申請手続き≫

2月6日(日)午前10時より開始します。(時間厳守)

●会場は、飯田市美術博物館 2階 講堂です。

●ギャラリー使用の予約範囲は、1件につき6日間を原則とし、毎年4月から翌年3月の一年間です。

●使用料は無料となりますが、飯田市美術博物館規約をお守り頂ける方のみお貸しできます。

※詳細については→http://www.iida-museum.org/guide/gallery.html




↓昨年度の市民ギャラリーの様子です。

三遠南信アート展 飯田市  



陶芸 飯田市 美術博物館   三遠南信アート展 飯田市美術博物館






2011.01.19 Wednesday | お知らせtrackbacks(0)

英 押し花教室作品展

今回の市民ギャラリーは、押し花。

押し花 飯田市

松村 英さんが講師を務める「英押し花教室」の作品展が今日18日から23日まで、市民ギャラリーで開催中です。

日本全国氷点下の寒さの中、市民ギャラリーの中だけは春が来たような明るさです。

「え?これが押し花?」
と思うような作品の数々。
まるで絵画のようですが、顔を近づけてよく見るとお花や草、木の皮で作られているのです。
押し花を使って風景や人物などを表した作品約90点が並びます。


押し花 飯田市美術博物館  押し花 飯田市市民ギャラリー

ひと足お先に春を感じに、飯田市美術博物館に来てみませんか?
(市民ギャラリーの横には休憩所があり、コーヒーなどホットドリンクが飲めます。




市民ギャラリー今後の予定

2/5(火)〜2/10(日)  恵山社中書道展






2011.01.18 Tuesday | お知らせtrackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode