ジオパーク展始まる

もみじ
ふと窓を見ると、びっしりと張り付いた何かが・・・
なんと強風に飛ばされたもみじの葉っぱです。

もみじ 信州 飯田
赤や黄色のもみじの葉っぱがきれいに壁ガラスを飾ってくれてました。
飯田市美術博物館の周りは、昨日の強風ですっかり紅葉が散ってしまいました。

さて、そんな飯田市美術博物館ですが、ただ今、ジオパーク展を開催中です。

ジオパークってご存知でしょうか?

ジオと(geo-)は「土地」「地球」「地理」を表す言葉。
ジオパークとは重要な地質遺産を含む自然公園で、ユネスコが支援する世界ジオパークネットワーク(略称
GGN2004年設立)のもとで保護・教育・持続的な利用が進められている地域です。
2010年現在、世界で77地域(日本は4地域)が認定されています。

日本では
GGNの日本版として日本ジオパークネットワーク(JGN2008年設立)があり、世界ジオパークと同じような活動が進められています。
また、世界の認定を受けていない地域では日本ジオパーク委員会の支援を受けながら世界ジオパークを目指しています。
2010年現在で、14地域が日本ジオパークに認定されています。

今回のジオパーク展では、日本国内に存在する世界ジオパーク、日本ジオパークをパネル展示で紹介しています。

ジオパーク 長野県飯田市

私たちが住むこの地域には、南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークがあります。
南アルプス(中央構造線エリア)ジオパークでは、日本列島の土台を作った「プレートの沈み込み」にまつわるさまざまな現象を一挙に観察することが出来るそうです。

私たちが住むこの南信州に、こんなにたくさんジオサイト(ひとつの景観、地形グループ、単独の地形、岩石の露頭、化石床あるいは化石が存在する場のこと)があるなんて!と驚かれるかもしれません。
知らずに通り過ぎていた場所もあるはずです。

南アルプスジオパークマップ片手に散策(探検)に出かけてみてはいかがですか?

ジオパークマップ 飯田市←パンフレットとマップ(無料)



南アルプス 飯田

100万年前から高速で隆起している南アルプス。
いつの間にか雪ぼうしをかぶって、すっかり冬支度です。(12月4日飯田市美術博物館より撮影)



ジオパーク展  12/4〜1/23








2010.12.04 Saturday | 今日の美博trackbacks(0)

獅子舞展示最終日

 本日11月23日は、特別展「獅子舞―ユーラシアから伊那谷へ―」の最終日です。
祝日ということもあって(勤労感謝の日)、いつもより大勢の人で賑わいました。

プラネタリウムも残すところ今日と12月4日、5日のあと3日のみです。
光学式プラネタリウムを最後に一目見ようという人も大勢いらしたのかもしれません。


飯田市美術博物館 獅子舞     

午前中は、本館学芸員の織田が獅子舞の展示解説会を行い、
午後は1時半より本館学芸員の櫻井が上映解説会を行いました。



特別展「獅子舞−ユーラシアから伊那谷へ−」

展示解説会のようす

飯田市美術博物館 獅子舞座光寺






座光寺麻績神社獅子舞
―地域に根ざした芸能の記録―

上映解説会のようす 
                                                                    飯田市美術博物館講座         





お知らせ

明日11月24日(水)から29日(月)までの間、
飯田市美術博物館は休館いたします。












                                                  
       




                                              

2010.11.23 Tuesday | 今日の美博trackbacks(0)

ご存知ですか?展望台

せっかく 飯田市美術博物館に来たのに、展望台に上らずに帰ってしまう方が大勢いらっしゃいます。

飯田市美術博物館に展望台があるのをご存知でしょうか?

2階に展望台入り口があります。

展望台 屋上←これが展望台入り口です。

プラネタリウム出入り口のすぐそばに存在しています。



らせん階段を上がっていきます。

目が回る〜

階段を上りつめたら、目の前に絶景が広がります。

飯田の街が一望できます。

写真手前のドーム型の建物は、プラネタリウム。







飯田市美術博物館 原ひろし展望台から見た飯田市美術博物館。
上から見た飯田市美術博物館。迷路のように複雑な造りです。

飯田市美術博物館は、昭和の名建築家、原広司氏の設計。

なんと原広司氏は、地元飯田高校の卒業生なんだそうです。

他には梅田スカイビル、京都駅ビルなどの設計が有名です。

コンクリート打放し仕上げとガラスを多用した造り。

ガラス一つ一つにも細やかなデザインがなされています。




飯田市美術館にお越しの際は、ぜひ展望台にも上ってみてください。

屋上には集落のようにたくさんの空間があります。

ベンチも用意されていますので、ゆっくりお散歩されてはいかがでしょう?










2010.11.20 Saturday | 今日の美博trackbacks(0)

特別展「獅子舞」11月23日まで

 飯田市美術博物館で現在開催中の

特別展「獅子舞−ユーラシアから伊那谷へ−」


本展覧会では、獅子舞が伊那谷にひろまったようすを、獅子の信仰の源流にまで眼を配り、美術工芸品や映像などさまざまな獅子のイメージとともに跡づけています。

そして、飯田市美術博物館のお土産やご来場記念にお勧めなのが、この獅子舞クン。


飯田市美術博物館獅子舞1

飯田市の伝統工芸である水引で作った獅子舞です。

水引は「結ぶ」という意味を持ち、「人と人をつなぐ」「心と心を結ぶ」ということで、昔から様々な祝儀や縁起の良い結納飾りなどに用いられています。



飯田市美術博物館獅子舞2

飯田市美術博物館のロビーです。


飯田市美術博物館獅子舞展

獅子舞展の入り口。

「どうぞ、こちらへ。」

とでも言いたげな表情がかわいいです。


ほかにも獅子舞ストラップや、水引で作ったネコ、三葉虫、カブトムシなどを販売中。


            


飯田市美術博物館へお越しの際は、受付横のミュージアムグッズを覗いてみて下さいね。

ミュージアムグッズについての詳細はココ


 飯田市美術博物館で現在開催中の

特別展「獅子舞−ユーラシアから伊那谷へ−」

今月23日で終了です。

まだ観に来ていらっしゃらない方は、お急ぎ下さいね。




11月23日(祝)

特別展 獅子舞 映写会」

時  間:午後1時30分〜5時半
場  所:飯田市美術博物館 講堂




2010.11.17 Wednesday | 今日の美博trackbacks(0)

新着情報

カテゴリ

月別アーカイブ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

リンク

RSS配信

携帯アクセス

qrcode